ヒットメーカーとして知られる人気シンガーのエド・シーランが、あの人気日本人アーティストと一緒に曲を作っているよう。(フロントロウ編集部)

エドが日本人アーティストとセッション

 2019年4月に東京と大阪で来日公演を行なったエド・シーランは、4月4日~5月3日の約1ヵ月間アジアを周るツアーを行なっており、日本をはじめ韓国やシンガポールなどで公演を行なっている。

 アジアツアーも残すところ1回となったエドが、公演先のタイでスタジオ入りしたとの情報が。しかもスタジオ入りしたのはエドだけでなく、日本の人気アーティストであるワンオクロック(ONE OK ROCK)のメンバーも一緒だという。

 ワンオクロックのフロントマンを務めるタカが自身のインスタグラムにエドとの写真を公開。その写真はスタジオ内で撮影されたもので、タカは「エドとタイのスタジオでセッションしたんだ!!!素晴らしい時間だった!!!!彼は才能に溢れている」と、トップアーティストであるエドとセッション出来た喜びを綴った。

 ワンオクロックはエドの日本公演だけでなく、アジア公演でオープニングアクトを務め、一緒に旅をしている。そのため、東京で飲み屋や、大阪で寿司屋を一緒に訪れた時の様子をインスタグラムにアップして仲睦まじい姿を公開。

 エドとワンオクロックが一緒にセッションしただけなのか、それともコラボ曲のレコーディングだったのかは明らかになっていないけれど、スタジオに一緒に居たのは間違いない。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.