トップモデルのケンダル・ジェンナーが、母親クリス・ジェンナーにある形で「仲間外れ」にされてしまった。そのときのケンダルの反応は…?(フロントロウ編集部)

 カーダシアン家といえば、全米一有名なファミリーといっても過言ではなく、その家族愛と絆の深さでも知られている。そして母の日だった先週末、クリス・ジェンナーは子育てに奮闘する自身の子供たちの写真をコラージュにしてシェアした。

 クリスの娘たちと孫の写真がコラージュされた写真に添えられているのは、母親MJへの感謝の気持ちや娘たちへの想い。

 「美しい母親のみんなへ、ハッピーマザーズデイ」と始まり、つづいて「ママになった美しい娘たち、あなたたち、そしてあなたたちがなろうとしている母親の姿を見るのは、とても誇らしいわ。神があなたたちを母親に選んだなんて、わたしの孫たちは本当にラッキーね。愛してるわ」とつづり、娘のコートニー、キム、クロエ、カイリーをタグ付けしてメッセージを公開。このなんともスイートなメッセージだけれど、ひとつ気になるところが。

ケンダルが不在

 クリスが自分の娘たちを登場させたこの投稿に唯一不在だったのが、クリスの娘でトップモデルのケンダル・ジェンナー。見た人からは、5人姉妹から唯一外れてしまったケンダルを憐れむ声と併せて、ケンダルは母親じゃないのだからしょうがないという意見が。そんななかケンダル本人がコメントした。

画像: ケンダルが不在

「私も愛してるわ、ママ!」

 「愛してる」という自分以外の娘4人に向けられたクリスの言葉に「私も」とお茶目に返したケンダル。

 娘たちが母親になって喜んでいるクリスの想いを十分理解しているケンダルは、ジョークと小さな皮肉を込めたユーモラスな反抗に。ちなみにこの日ケンダルはインスタグラムのストーリーにクリスの写真を数枚投稿して、母の日をお祝いした。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.