ふらっと立ち寄ったドラッグストアで、妻ヘイリー・ビーバーのために「あるもの」を購入したジャスティン・ビーバーが良い夫すぎる!(フロントロウ編集部)

ジャスティンが買ったものとは?

 昨年、モデルのヘイリー・ビーバー(旧姓ヘイリー・ボールドウィン)と結婚したシンガーのジャスティン・ビーバーが、米ロサンゼルス市内にある大手ドラッグストア「CVS Pharmacy」にふらっと立ち寄ったところをキャッチした。

画像1: ジャスティンが買ったものとは?

 この日、グレーのスウェットパンツに、自身がプロデュースするアパレルブランド「ドリュー・ハウス(Drew House)」のフーディを合わせたカジュアルな服装で、ドラッグストアに1人で姿を現したジャスティン。

 何か日用品でも購入するのかと思いきや、その手には花束が。

画像2: ジャスティンが買ったものとは?

 赤と黄色の2種類の花束を手にしたジャスティンは、生花が置いてあるコーナーをあとにすると、ほかの商品には目もくれずレジに直行。さっさと会計を済ませると、自ら運転する車で妻ヘイリーとの“愛の巣”へと帰って行った。

画像3: ジャスティンが買ったものとは?

 お互いの誕生日でもなければ記念日でもない、“普通の日”に妻に花束をプレゼントするというファインプレーを見せたジャスティンに、ファンからは「まさに理想の夫」といった感心する声が多く聞かれた。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.