レズビアンの人間関係をテーマにしたドラマ『Lの世界』の続編の最新情報!(フロントロウ編集部)

『Lの世界』続編のタイトル

 ロサンゼルスに暮らすレズビアンの友情や恋愛を6シーズンにわたり描き、2004~2009年に大ヒットしたドラマ『Lの世界』。同作は秋に約10年ぶりにリバイバルすることが決まっており、米時間5月22日、タイトルとポスターが発表された。

 続編のタイトルは、『The L Word:Generation Q(直訳 Lの世界:ジェネレーションQ)』

 「ジェネレーションQ」は、より良い社会を求めるものの発言や活動には参加しない“静かな若者世代”を総称するためにトーマス・フリードマンが作り出したフレーズだけれど、ドラマでは別のテーマをもうけている可能性が高く、その真意は今後発表されると見られる。

画像: オリジナル『Lの世界」のキャストたち。

オリジナル『Lの世界」のキャストたち。

初解禁されたポスターは?

 米時間5月23日にShowtimeが公開した、『Lの世界:ジェネレーションQ(原題)』のポスターがコチラ。

画像: The L Word Generation Q/Showtime

The L Word Generation Q/Showtime

 イラストだけではあるが、人種やテイストなど、多様なキャラクターが登場することが分かる。

続投するオリジナルキャストは?

 続編『Lの世界:ジェネレーションQ(原題)』には、オリジナル『Lの世界』のキャストの出演も決まっている。

画像: 続投するオリジナルキャストは?

 2019年5月現在、ベット役のジェニファー・ビールス、シェーン役のキャサリン・メーニッヒ、アリス役のレイシャ・ヘイリーの出演が分かっており、3人は続編のエグゼクティブプロデューサーも務めている。

キャサリンが「ファミリー」というコメントをつけて、4月に公式インスタグラムで公開したジェニファー、レイシャとの写真。

番組の公式SNSは?

 『Lの世界:ジェネレーションQ(原題)』の米公式SNSは以下のとおり。

インスタグラム:@sho_thelword
ツイッター:@SHO_TheLWord
フェイスブック:@TheLWordOnShowtime

 『Lの世界:ジェネレーションQ(原題)』はロサンゼルスで夏に撮影がはじまり、秋に全米放送予定。日本での放送は未定。(フロントロウ編集部)

This article is a sponsored article by
''.