先日イギリス王室のヘンリー王子とメーガン妃の間に誕生した「アーチー」。その名前にちなんで、ある花に名前がつけられた。(フロントロウ編集部)

 先日ロンドンで行なわれたチェルシーフラワーショー(Chelsea Flower Show)。世界最大規模の花の祭典と言われ、そこで咲き誇る色とりどりの花を見るために、世界中から毎年多くの人が集まる。

 そんな大きなイベントに登場した菊の花に、先日ヘンリー王子メーガン妃の間に誕生したロイヤルベビー「アーチー・ハリソン」の名前がつけられた。

 花にロイヤルベビーの名前がつけられるのは、今回が初めてではなく、ウィリアム王子キャサリン妃の間のシャーロット王女とジョージ王子にちなんで名づけられた花もある。

黄色を選んだガーデナーの想い

 ちなみにこの黄色い花には、ロイヤルベビーの名前がつけられたということ以外にも、注目すべきある特別なヒミツがある。

画像: @DuchessMegsmile / Twitter

@DuchessMegsmile / Twitter

 英メディアCountry Livingによると、この黄色が選ばれたのは、「ジェンダーニュートラル」を象徴するため。花を選び、栽培に携わったガーデナーは、「ジェンダーニュートラルな色にしようと思い、レモン色を選びました」と話している。

 「ジェンダーニュートラル」とは、男女の性差に偏らない考え方のこと。「男の子はブルー、女の子はピンク」に代表される色差別などがよく知られており、昨今ではベビー用品やおもちゃなどの色を、性別で分けないようにする動きが見られるようになっている。

 「アーチー」と名づけられた黄色い菊の花には、男性的、あるいは女性的といった性別によるイメージにとらわれない、中立的=ニュートラルな立場でいたいというガーデナーの気持ちが込められた。

画像: 黄色を選んだガーデナーの想い

 ちなみに日本では、国花、そして皇室の御紋として知られている菊の花。英語圏での花言葉は“高潔、高貴”だといい、ロイヤルベビーの名前をつけるにはぴったりな花の選択だった。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.