欧米ではバストよりもお尻にこだわる人が多く、エクササイズもお尻に関するものが人気。そんななか、プリッとハリのあるお尻の持ち主のクロエ・カーダシアンが、イチオシの美尻エクササイズ法をシェアした。(フロントロウ編集部)
画像: セレブが夢中♡ギュンッ!!とヒップアップする美尻エクササイズ法

 カーダシアン家の三女でリアリティスターのクロエ・カーダシアンは2018年に愛娘のトゥルーちゃんを出産して以来、産後ダイエットに励んでいて、現在は週に5~6日、トゥルーちゃんが起きる前の午前6時半に起きてエクササイズするよう心がけているという。

 エクササイズのなかでも、とくにクロエがフォーカスしているのは「お尻」。プリッと引き締まってヒップアップした美しいお尻をつくるために、クロエが実践しているお気に入りのトレーニング法を紹介!

■2種類の美尻エクササイズ

 ヒップアップした美しいお尻をつくるためにクロエがオススメするエクササイズ法はふたつ。

「ファイヤー・ハイドラント」

 まずひとつめは、「ファイヤー・ハイドラント」と呼ばれるエクササイズ。英語で、どっしりとした海外の“消火栓”の意味で、安定していてたくましいお尻をつくる筋トレ法。

画像: 「ファイヤー・ハイドラント」

 やり方は、まず両手は肩幅に、両膝は腰幅に広げて床に四つ這いに。

 その状態から、片脚を膝を曲げたまま真横に上げて太ももを水平に。そのままゆっくりと床へ戻す。

 クロエはさらに強度を高めていて、太ももを水平に保った位置から、曲げていた膝をまっすぐ伸ばしてキックしているそう。

 このエクササイズでは、主にお尻の上のほうにある中殿筋を鍛えることができて、腰とお尻の境目がくっきりするプリッとしたセクシーなお尻に整えることができるという。

「ドンキー・キック」

 ふたつめは、「ドンキー・キック」と呼ばれるエクササイズ。四つ這いの状態から、膝の角度を90度に保ったまま、片脚をロバ(ドンキー)のように後ろへ蹴り上げる動きで、お尻にアプローチする。

画像1: 「ドンキー・キック」

 なるべく、上半身は床と並行を保ち、反らないように気をつけながら、太ももと上半身が一直線になるぐらい脚をあげるようにするのがポイント。

 上げた脚を床に戻すときは、膝が床につかないように、ぎりぎり手前でストップすることで、筋肉に持続的に負荷を与えることができるそう。

 このエクササイズでは、主にお尻の丸みをつくる大殿筋にアプローチ。お尻全体が丸く形が良い美尻に整える効果が期待できる。また、太ももの裏側も引き締めることができるという。

画像2: 「ドンキー・キック」

 クロエは、「私はファイヤー・ハイドラントを30秒行なってから、ドンキー・キックを30秒行うわ」と米メディアWomen’s Healthにコメント。ふたつのエクササイズを組み合わせることでお尻をバランスよく鍛えて、美しいヒップラインをつくっているそう。

 夏に向けて、ヒップアップしたお尻をゲットしたいという人は、クロエの美尻トレーニングにトライしてみては?(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.