ザ・ロック、ロック様の愛称で知られるドウェイン・ジョンソンは、元祖ロックではないかもしれない。

本当の「ロック」は俺だ!

 ドウェイン・ジョンソンという名前と変わらないほどの知名度を誇る「ザ・ロック(TheRock)」という愛称。

画像1: 本当の「ロック」は俺だ!

 プロレスラー時代の名称の名残として、俳優に転身した今でもその名で愛されているドウェインだけれど、この愛称は彼のものではなかったかもしれない。

 映画『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』などでドウェインと共演したコメディアンのケヴィン・ハートは、ドウェインが「ザ・ロック」という名前を盗んだと米TMZの直撃取材で暴露した。

画像2: 本当の「ロック」は俺だ!

 最近のケヴィンはワークアウトに励んでいることから、取材陣から「ロックみたいにニックネームがあるか」と尋ねられると、「あるさ」と回答。「それは何?」という質問に「ザ・ロック」と即答して、ケヴィンこそがロックだと主張した。

 「みんな知らないだけで、僕はずっとロックだった。あいつが俺の名前を盗んだんだ。世間に広めてくれ」と言い放ち、混乱する取材陣を残してその場を後にした。

 コメディアンであるケヴィンが暴露したこの発言は、もちろんジョーク。プライベートでも親交のあるドウェインとケヴィンは、ふざけてお互いを罵り合うことが多く、今回はこの茶番劇に取材陣が振り回される形となった。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.