細いウエストや引き締まった美ボディの人は、姿勢もキレイだという事実を知っている? アラフィフで驚異のスタイルの良さを誇るジェニファー・アニストンも取り入れているという、美姿勢をキープして細いウエストをキープすることができる、自宅でできるポーズを紹介。(フロントロウ編集部)

 アラフィフになってもますます美しさに磨きがかかっていく、衰え知らずの美魔女ジェニファー・アニストン。このジェニファーの専属トレーナーを務めるレヨン・アズブイケが、ジェニファーの美ボディの秘訣は、「体幹の強さ」と「姿勢」だと明かした。

画像1: 「美姿勢」になれて「ウエストが細く」なる、セレブ専属トレーナーがオススメのポーズ♡

 レヨンは、「すべての動きは体幹の強さや安定性が基盤になる」と米メディアPopusugarにコメント。そして、美しい姿勢のためには体幹の強さが欠かせず、さらに、美しい姿勢を保ち続けるためにも、継続的に体幹の力を保つことが必要だという。

画像2: 「美姿勢」になれて「ウエストが細く」なる、セレブ専属トレーナーがオススメのポーズ♡

 日頃疲れているときは、ソファに寝転がったり、楽な姿勢をとりがち。けれど、そうしていると体幹の力が落ちてしまい、姿勢を保つのも難しくなってくる。そこで、レヨンは、「背骨をまっすぐに保ち、姿勢を改善するのを助けて、さらに体幹を鍛える」という、ジェニファーも取り入れる万能のポーズ、「プランク」「サイド・プランク」を紹介した。

 「プランク」は、手の平と足の指だけを床につけて、そのほか全身は宙に浮かせて頭からかかとまでを1本の板(プランク)のようにまっすぐに保つポーズで、ヴィクトリアズ・シークレットの人気モデルも身体を引き締めるために行なっている

お腹、脇腹も引き締め、体幹を強くする「サイド・プランク」

 「サイド・プランク」は、体を横向きに一直線に保つ、自重トレーニングのポーズ。体幹を鍛えて、とくに脇腹のたるみにもアプローチしてくれるから、きれいな姿勢を保つだけでなく、キュッと引き締まったウエストラインを作るのにぴったり。

画像: お腹、脇腹も引き締め、体幹を強くする「サイド・プランク」

1. 真横になる

 まず、身体をまっすぐに脚も揃えて、横向きに。上体は起こして、下になっている腕の肘を肩の真下にくるように置く。

2. コアを締めて身体を一直線に

 お腹にキュッと力をいれて、胸を張るようにして肩、腰、脚のラインを一直線に。

3. 腰を上げてキープ

 上の手を腰に当てて、頭からかかとまでが一直線になるように、ゆっくりと腰を上に持ち上げる。そのまま10~30秒ほどキープ。

画像1: 3. 腰を上げてキープ

 一度床に戻ったら、もう一度繰り返して2セット。逆側も行なう。

 ポーズが取りにくいときは、上になっている脚を少し前にずらして、両足で床をとらえるようにしてみて。

画像2: 3. 腰を上げてキープ

 空いたちょっとした時間にできそうだから、気がついたときに取り入れてみては。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.