エド・シーランが、伝説のロックバンドであるザ・ビートルズへの愛が溢れる映画『イエスタデイ』に出演。日本公開日も決定した。(フロントロウ編集部)

 大人気シンガーのエド・シーランが、「自分のキャリアに映画を1本加えたくて」と、本格的に俳優デビューした映画『イエスタデイ』より、初場面写真が公開された。

 主人公のジャックは、イギリスに住む売れないシンガーソングライター。自分の夢に限界を感じていた時、世界規模で停電が起こり、ジャックは交通事故に遭ってしまう。昏睡状態から目を覚ますと、歴史的ロックバンドであるザ・ビートルズが存在していなかったことになっていた…。

画像1: エド・シーランが本格俳優デビュー!映画『イエスタデイ』の初場面写真が到着、公開日も決定

 これまで映画やドラマなどにカメオ出演経験はあるエドだけれど、今作ではジャックに大きくかかわる、ある重要な人物を演じる。

画像2: エド・シーランが本格俳優デビュー!映画『イエスタデイ』の初場面写真が到着、公開日も決定

 今作の監督を務めたダニー・ボイルは、「これはザ・ビートルズへのラブレターだ」と話し、脚本を担当したリチャード・カーティスは、「映画よりも音楽が好き」と語るほどの音楽ファン。そこに、さらにトップシンガーのエドが出演して音楽愛の詰まった作品となった映画『イエスタデイ』は、10月11日に全国ロードショー。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.