男性用カミソリのブランドであるジレット(Gillette)が、今月のLGBTQ+月間に合わせて、ある動画を公開。女性から男性になった青年が、初めて「ヒゲ」を剃る。それを見守る父親との絆に、涙。(フロントロウ編集部)

 カナダのトロントに住むアーティストのサムソンは、トランスジェンダーの男性。女性から男性になったサムソンの顔には、ホルモン注射によって徐々にヒゲが生えてくるようになった。

 そんなサムソンの存在を知った、男性用カミソリ・髭剃りのブランドであるジレットが、彼を主役にした動画を制作。サムソンが、父親に見守られながら初めてヒゲを剃る様子は150万回以上も視聴され、話題を呼んでいる。

 サムソンが初めてヒゲを剃る横で、「そうそう。上手く剃れてる」と温かく見守るのは、彼の父親。画面越しにも伝わってくる2人の絆には、思わず胸が熱くなる人が続出した。

 この動画へのサムソンの父親の出演は、サムソンたっての希望だそう。というのも、「僕の父も一緒に出てほしかった。父は僕が性別を移行している時にずっと、自信を持つように、最高な自分で生きるように励ましてくれた1人だからね」とサムソンが自身のフェイスブックで語るとおり、彼の父親は、サムソンの性別に関係なく大きな愛を持って大切に育ててきたよう。

 動画の中で自身の過去を振り返ったサムソンは、「僕は人と違うといつも分かっていたよ。僕のような人たちのことを指す言葉があるのは知らなかったけどね」と語る。そして大人になり社会を知った今、家族への愛はより深まっているという。

「サポートしてくれる家族に囲まれて過ごせることが、どれだけ恵まれていることかってことには、はっきりと気づいているよ。2つの性別に縛られないトランスジェンダーの仲間たちの多くが、こんなに幸運じゃないってこともね」

 米National Center for Transgender Equalityの調査によると、10人に1人のトランスジェンダーは家を追い出されたことがあり、5人に1人はホームレス経験があるという。また、2016年にカリフォルニア大学ロサンゼルス校が発表した論文では、アメリカでホームレス生活をしている人々の40%がLGBTQ+に属する人だとする調査結果もある。

 初めてヒゲを剃る記念すべき日を動画に残すことができたサムソンは、「男としての人生で、節目となる重要な出来事を父親と共有できた」ことを幸せに思っているという。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.