リアリティスターのコートニー・カーダシアンが、禁断のゾーンが「チラ見え」してしまった写真に施した加工がちょっぴり雑!?(フロントロウ編集部)

ハートの絵文字でVラインをガード

 家族総出で出演するリアリティ番組『カーダシアン家のお騒がせセレブライフ』でブレイクした、コートニー・カーダシアンがインスタグラムで公開した写真の加工が雑だと話題になっている。

 義父妹カイリー・ジェンナーが新たに立ち上げたスキンケアブランド「カイリー・スキン(Kylie Skin)」のローンチパーティーに出席したコートニーは、“インスタ映え”する写真スポットで記念撮影を行なったのだが…。

 着ていたドレスの丈が短すぎて、組んだ脚のすき間から「禁断のゾーン」が露わに。もちろんそのまま公開するわけにはいかないため、ハートの絵文字で隠すという“応急処置”で対処した。

 しかし、よくよく考えれば、恐らくコートニーがこの日に撮影した写真はほかにもたくさんあったはず。絵文字で隠すという少々雑な加工を施してまで公開に踏み切ったということは、よっぽどこの写真がお気に入りだったのだろう。

 ちなみに、過去にモデルのエミリー・ラタコウスキーも、わざわざポロリしてしまった乳首を自分の手でモザイク処理してまで、お気に入りの1枚をインスタグラムで公開したことがある。

(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.