Photo:スプラッシュ/アフロ、ニュースコム、Instagram
大御所シンガーのセリーヌ・ディオンが、主題歌を担当した映画『タイタニック』に登場するキーアイテムをゲットした。(フロントロウ編集部)

セリーヌが『タイタニック』をオマージュ

 6月に16年間行なってきたラスベガスの定期公演に幕を下ろした大御所シンガーのセリーヌ・ディオン。これまで数々の名曲を世に送り出してきたセリーヌだけれど、なかでも大ヒット映画『タイタニック』の主題歌である名曲「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」は、これまで多くのアーティストがカバーしている。

 「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」でグラミー賞を2つも獲得し、『タイタニック』とは切っても切れない関係であるセリーヌがパリの街中で、映画に関連するアイテムを身につけている姿をキャッチされた。

画像1: セリーヌが『タイタニック』をオマージュ

 連日様々なブランドのクチュールコレクションに参加しているセリーヌがこの日つけていたのは、『タイタニック』でケイト・ウィンスレット演じるローズが身につけていた巨大ブルーダイアモンドにそっくりなネックレス。

画像2: セリーヌが『タイタニック』をオマージュ
画像3: セリーヌが『タイタニック』をオマージュ

 見た目は劇中でローズがつけていたものとそっくりなこのネックレスは、6月に行なわれたヴェトモン(Vetements)のコレクションで発表されたもの。6月のランウェイでは、セリーヌがこの日着ていた「アイ・ラブ・パリス」ではなく「アイ・ラブ・パリス・ヒルトン」とデザインされたTシャツとセットで登場した。

 セリーヌは過去にも、『タイタニック』のワンシーンがデザインされたヴェトモンのフーディを着用している姿が目撃されている。

画像4: セリーヌが『タイタニック』をオマージュ

 ちなみに、セリーヌが『タイタニック』にインスパイアされたブルーのネックレスをつけるのは今回が初めてではない。1998年のアカデミー賞授賞式では、今回のものとはブランドは違うけれど、同じようなハートの形をしたネックレスをつけて「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」を熱唱した。

画像5: セリーヌが『タイタニック』をオマージュ

 『美女と野獣』などの主題歌も担当してきたセリーヌだけれど、『タイタニック』には人一倍思い入れがあるよう。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.