第61回グラミー賞で最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバム賞を受賞したアリアナ・グランデが、ついにそのトロフィーを手にした。(フロントロウ編集部)

 2019年2月10日に行なわれた第61回グラミー賞で、自身のアルバム『スウィートナー(Sweetener)』が最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバム賞を受賞したアリアナ・グランデ。授賞式への出席はもちろん、楽曲パフォーマンスを予定していたけれど、グラミー賞の運営側との話し合いが決裂。直前になって欠席することを発表した。

画像: アリアナ・グランデ、「侮辱された」と欠席した授賞式のトロフィーをゲット

 授賞式で楽曲「7 rings(セブン・リングス)」を披露したいと申し出たアリアナ。それに対して同授賞式のプロデューサーが、運営側が選んだ曲をメドレーで披露することを要求。2部門でノミネートされていたのにもかかわらず、自身が思うパフォーマンスを形にできず、「侮辱された」と感じたアリアナは、出席を見送った。

自身初受賞のグラミー賞がアリアナの手元に!

 そんな無念の授賞式から5ヶ月が経ち、アリアナはその日受け取るはずだったトロフィーをついにゲット。アリアナ本人がインスタグラムに写真を投稿した。

 「郵便をチェックしてよかった」と冗談交じりのキャプションが添えられたアリアナの写真。アリアナの手には大きなトロフィーが。

 アリアナはこのトロフィーとともに撮影したビデオも公開。アリアナが飼っている子豚のピギー・スモールに「ピギー、あなたにお届け物だよ」と話しかけるアリアナの声も聞こえる。

 音楽業界で最も権威ある賞と言われるグラミー賞。授賞式に出席して、壇上で賞を受け取ることはできなかったアリアナだけれど、今回実際にトロフィーを手にし、喜びを噛み締めたよう。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.