人気ラッパーのトラヴィス・スコットがロンドンで行なった公演に、最近コラボしたエド・シーランがサプライズ登場した。(フロントロウ編集部)

エドが初めてコラボ曲を披露

 ラッパーでカイリー・ジェンナーの恋人としても知られるトラヴィス・スコットがロンドンのO2アリーナで公演を開催。トラヴィスは大ヒット曲「シッコモード」をはじめ、「バタフライ・エフェクト」、「ZEZE」など計27曲を披露し、会場を盛り上げたけれど、この日さらなる盛り上がりを見せたのは後半。なんと、トラヴィスの公演にエド・シーランがサプライズで登場した。

 エドとトラヴィスは、エドが7月にリリースしたばかりで多くのアーティストが参加したアルバム『No.6 コラボレーション・プロジェクト』でコラボしており、コンサートではコラボ曲「アンチ・ソーシャル」を特別に披露。前奏が流れ始めると、エドが舞台裏から登場し、観客の盛り上がりは最高潮に。

画像: トラヴィス・スコットの公演にエド・シーランが飛び入り参加、異色のコラボを披露

 ちなみに、エドは『No.6 コラボレーション・プロジェクト』で総勢22名のアーティストとコラボしているが、コンサートのような公の場でコラボ相手と一緒にパフォーマンスをしたことはなく、アルバム参加アーティストとコラボ曲を披露するのは今回が初。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.