ウィリアム王子が「あっかんべー」をしている4歳頃の写真が発見され、その可愛らしさに注目が集まっている。(フロントロウ編集部)

ロイヤルキッズの“あっかんべー”

 8月上旬にイギリスのワイト島を訪問していたシャーロット王女は、建物の外にいる群集に向かって、なんとアッカンベーをして話題をさらった。ロイヤルファミリーらしからぬ自由な行動だと注目されたけれど、案外そんな行動は父親譲りだったよう。

 将来のイギリス国王として、真面目で落ち着いたキャラクターで知られるウィリアム王子。しかしそんなウィリアム王子も、現在のシャーロット王女と同じ4歳の頃には「あっかんべー」をするところを目撃されていた。

 ウィリアム王子の叔父で、エリザベス女王の第3子ヨーク公爵アンドルー王子の結婚式に出席した、4歳のウィリアム王子。

画像1: ロイヤルキッズの“あっかんべー”

 前に乗り出して教会の様子を見渡したり、大きくあくびをしたりと、子供らしく可愛らしい様子で周囲の大人を笑顔に。 

画像2: ロイヤルキッズの“あっかんべー”

 そしてさらには隣にいる女の子に向かって、なんとアッカンベー!

画像3: ロイヤルキッズの“あっかんべー”

 ウィリアム王子とシャーロット王女のあっかんべー姿は、さすが親子と言えるほど、表情もそっくり。王族の行動としては珍しいと話題になったシャーロット王女のあっかんべーだけれど、父親譲りなら仕方がないかも?(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.