モデルのカーラ・デルヴィーニュがヌードを披露。そのポーズには、あの超大御所モデルへの尊敬の意が隠されていた。(フロントロウ編集部)

カーラ・デルヴィーニュのうつぶせヌード

 モデルのカーラ・デルヴィーニュが、ファッション誌Marie Claireの表紙をヌードで飾った。

 数ヵ月前に話題となった恋人アシュレイ・ベンソンのイニシャル「A」のタトゥーや、左腕のタトゥーなどが見えるカーラの美しい“うつぶせヌード”だけれど、じつはこのポーズは、ファッション界の権威とも言えるトップモデルのケイト・モスが1994年にカルバン・クライン(Calvin Klein)の広告で披露したもののトリビュート。

 ファッション業界の大御所へ敬意を払ったカーラはさらに同誌の中で、「仕事は現実逃避だった。でも、(仕事を)もうそういう使い方はしない。自分の問題からの逃げ場所ではなく、プラットフォームとして使いたい」と、人気モデルとしてさらなる高みを目指す意思を語った。

 数年前にはカーラとケイトの不仲説がウワサされたけれど、カーラとケイトの間にある絆は不変なよう。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.