シンガーのジャスティン・ビーバーも思わず記念に写真を撮った、来日セレブになぜか人気の“インスタ映えスポット”って?(フロントロウ編集部)

道端でよく目にする「あるもの」がアートに!?

 先日、仕事で日本へ来る用事があった、妻でモデルのヘイリー・ビーバー(旧姓ヘイリー・ボールドウィン)に付き添って約2年ぶりに来日したジャスティン・ビーバーが、道端でよく目にする「あるもの」の前で記念撮影。

 それは…自動販売機!

 じつは、自動販売機は外国人観光客からするととても画期的で物珍しいもの。もちろん海外にも自販機は存在するが、日本ほど広く普及しておらず、品ぞろえもここまで豊富ではない。

 日本人にとってはありきたりな日常風景でも、外国人観光客にとってはまさにインスタ映えスポット。これまでに来日した海外セレブも、必ずといっていいほど自販機の前で写真を撮っており、チームラボ(※)に続いてSNSに写真がアップされる確率が高い。
 ※境界線のない空間が広がるお台場にあるチームラボボーダレスと、水に入る豊洲にあるチームラボプラネッツの2つのミュージアムの総称。来日セレブが必ずといっていいほど来館する東京の新・観光名所として知られる。

 ジャスティンは、背後にある2台の自販機が目立つようにあえてしゃがんだ体勢でポーズを決め、アートな写真に仕上げた。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.