Photo:ゲッティイメージズ、ニュースコム
『アベンジャーズ/エンドゲーム』をはじめ、20作以上もの世界観を共有する映画が公開されているMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)に出演経験があるケイト・ブランシェットが、お気に入りのMCU映画を明かした。(フロントロウ編集部)

出演作よりあのMCU映画が好き

 MCU映画『マイティ・ソー』シリーズの第3弾『マイティ・ソー バトルロイヤル』でクリス・ヘムズワース演じる主人公ソーの姉で、邪悪なヴィランのヘラを演じたケイト・ブランシェットが、米Entertainment Weeklyのインタビューでお気に入りのMCU作品を明かした。

画像: 出演作よりあのMCU映画が好き

 ケイトが出演した『マイティ・ソー』シリーズは、MCUにおける単独ヒーロー映画として初めて4作目の続編が制作される作品であり、シリーズ最新作『ソー:ラブ・アンド・サンダー(THOR:LOVE AND THUNDER)』では、ナタリー・ポートマン演じるソーの恋人ジェーンが“ソーとして”活躍する。

画像: 最新作の制作が正式発表されたサンディエゴ・コミコンにて。タイカ・ワイティティ監督から手渡されたハンマーのムジョルニアを持つナタリー。後ろにはソー役クリスの姿も。

最新作の制作が正式発表されたサンディエゴ・コミコンにて。タイカ・ワイティティ監督から手渡されたハンマーのムジョルニアを持つナタリー。後ろにはソー役クリスの姿も。

 そんなナタリーの出演を聞いたケイトは「とっても興奮している」と答え、続けて「作品を見るのを楽しみにしている。子供たちとMCU作を見るのが大好きなの」と、ファン目線なコメントを残した。

画像: MARVEL STUDIOS/WALT DISNEY PICTURES / Album/Newscom

MARVEL STUDIOS/WALT DISNEY PICTURES / Album/Newscom

 最新作の公開が決まり、ますます注目を集める『マイティ・ソー』シリーズだが、ケイトは同シリーズより気に入っている作品があることを告白。

「でも私は『キャプテン・マーベル』がすごく、すごく大好き。悪気はないのよ、タイカ(・ワイティティ監督)。でもこの作品が一番お気に入りね」

 そうコメントしたケイトは、自身の出演作と最新作でメガホンを取るタイカ・ワイティティ監督の作品もさることながら、ブリー・ラーソンが主演を務めたMCU史上初の女性単独ヒーロー映画『キャプテン・マーベル』がお気に入りだと話した。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.