テイラー・スウィフトがニューアルバム『Lover(ラヴァー)』に収録される楽曲「Lover」のリリックビデオを公開した。(フロントロウ編集部)

極上のラブソング「Lover」

 8月23日にニューアルバム『Lover』をリリースするテイラー・スウィフトが、アルバムの題名と同じタイトルの新曲「Lover」のリリックビデオをリリースした。

 アコースティックなメロディの同曲は、テイラーが得意とするバラード調のラブソングで、歌詞には「私のハートはずっと借りられたまま/あなたのハートはずっとブルー/あなたと結ばれるなら、終わりよければ全てよし」という、まるで恋人との永遠の愛を誓うような一説が含まれていることが事前に知らされていたことから、テイラーはこの曲を通して恋人のジョー・アルウィンとの婚約を匂わせているのではないかと言われている。

 そして、ついに公開された「Lover」では、曲を通して、愛する人(ラヴァー)との愛が深まっていく過程が、クリスマスから夏に移り変わる季節とともに描かれているように聞こえる。

 サビ部分でテイラーが「あなたのいるところに行ってもいい?/私たちはずっと近くにいられる?/ずっと永遠に/私を連れ出して/家に連れて帰って/あなたは私の、私の、私の、私の、ラヴァー(※愛する人)」と甘い歌声で歌う極上のラブソング。

テイラーとジョーは同棲している?

 テイラーはリリックビデオの公開と同時に、インスタグラムに「あなたのことを20秒間しか知らないの?/それとも20年?」という、曲の冒頭部分の歌詞を公開。この部分は、もうすぐ交際3年になるジョーには様々な一面があることを歌っているのではと言われている。

この投稿をInstagramで見る

Have I known you 20 seconds or 20 years?

Taylor Swiftさん(@taylorswift)がシェアした投稿 -

 また、その前にある歌詞では、「クリスマスツリーを1月まで飾っておこう/ここは私たちの家/私たちでルールを決める」と歌っているため、テイラーとジョーがいつかのクリスマスの時期に同棲をはじめたことを匂わせている。

 さらに曲が進むと、「あなたに視線を向けるすべての人があなたを欲しがっている/あなたを愛して3度目の夏がくるけど/あなたのすべてがほしい」と、テイラーがジョーに嫉妬するような内容や、「磁力で引き寄せられる男性を私のラヴァーにすることを誓います」と、永遠の愛を誓うような言葉が綴られる。

 愛に溢れた楽曲「Lover」のリリースに合わせて、テイラーは米時間8月22日にYouTubeで生中継の特番に出演することを発表。アルバム『Lover』について語るほか、ステラ・マッカートニーとのコラボについて話すといい、また今まで見せたことがないパフォーマンスを披露し、「Lover」のMVも公開するという。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.