ジョー・ジョナスの30歳のバースデーパーティーが開催。この日、ジョーの妻ソフィー・ターナーが着用したドレスにどこか見覚えが…。(フロントロウ編集部)

見覚えのあるドレスでパーティーへ

 人気兄弟バンド、ジョナス・ブラザーズの次男ジョー・ジョナスが8月15日に30歳の誕生日を迎えたことを祝して、友人や家族らを集めたバースデーパーティーが開催された。

 映画『007』シリーズをテーマにしたパーティーには、ジェームス・ボンドを意識した衣装を着用した主役のジョーはもちろん、ゲストたちもタキシードやドレスなどのシックな正装に身を包んで参加。

 ジョーの妻でドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』や映画『X-MEN:ダーク・フェニックス』に出演する女優のソフィー・ターナーも、胸元が大胆に開いたアレクサンドル・ボーティエ(Alexandre Vauthier)の2015年春夏クチュールコレクションの黒のホルターネックドレスでセクシーに華を添えた。

 しかし、首元のチョーカーのようなゴールドストラップが特徴的なこの1着を身に着けたソフィーの姿に、たくさんのフォロワーたちが微妙なリアクション。

 それもそのはず、このドレスは、今から約3年半前に行なわれたアカデミー賞のアフターパーティーで、シンガーのテイラー・スウィフトが身に着けたものとまったく同じものだった。

画像: 2016年、Vanity Fair主催のアカデミー賞アフターパーティーにて。

2016年、Vanity Fair主催のアカデミー賞アフターパーティーにて。

 ジョーとテイラーは、まだテイラーが10代だった今から約10年前、3カ月だけ交際をしていたことが。短期間の交際ながら、当時ティーンの“憧れカップル”だった2人の破局は、テイラーがジョーから「電話1本でフラれた」とトーク番組で暴露したことで、世間を大きく騒がせた。

画像: 交際当時のテイラーとジョー。

交際当時のテイラーとジョー。

 ジョーとの別れについて公共の電波で言いふらしたことについて、つい最近、「あれはちょっとやりすぎだった…」と反省の言葉を口にしていたテイラー。これに対し、ジョーも「気分が晴れた」、「若気の至りだった」とコメントし、テイラーからの10年越しの謝罪を受け入れた


「被った」のは2度目

 ジョーの現妻のソフィーと元恋人のテイラーのルックスが被ってしまったのは、じつは今回が初めてではなく、5月には、そろって出演した英トーク番組で、“ブロンド+前髪”というヘアスタイルがどことなく似てしまったことも。

画像: ©The Graham Norton Show

©The Graham Norton Show

 この際、一部のファンたちは2人の対面に戦々恐々としたが、ソフィーとテイラーは笑顔で会話を交わしたり、ハグをするなど、ジョーとのことはまったく意に介さない仲の良さそうな姿を見せていた。

 ソフィーがジョーのバースデーパーティーで意図的にテイラーと同じドレスを着ることを選んだか否かは不明だが、ヘアスタイルが被ってしまった一件も然り、ソフィーとテイラーのセンスがちょっと似ているということは確か。男性の好みが似ている2人はファッションセンスも似ている? (フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.