シンガーのセレーナ・ゴメスが久々にプライベートな写真をインスタグラムに投稿。上機嫌のセレーナがSiriにリクエストした情熱的なラブソングとは?(フロントロウ編集部)

Siriにあのラブソングを「かけて」とお願い

 元ディズニー・チャンネル・スターで、現在、シンガーや女優、ドラマのプロデューサーなど多岐にわたって活躍するセレーナ・ゴメスが、久々にインスタグラムにプライベートな写真をアップした。

この投稿をInstagramで見る

Siri play “I wanna be your lover”

Selena Gomezさん(@selenagomez)がシェアした投稿 -

 この日、友人のコナー・フランクリン&キャロライン・フランクリン姉妹をふくむ、複数の友人とロサンゼルス市内にあるローラースケートのリンクを訪れたセレーナは、よほど上機嫌だったのか、その後インスタグラムに投稿した写真で、Siri(※)に「『アイ・ワナ・ビー・ユア・ラバー(I Wanna Be Your Lover)』をかけて」とリクエスト。
 ※iPhoneやiPadといったApple製のデバイスに導入されている音声認識アシスタント機能。

 「アイ・ワナ・ビー・ユア・ラバー」は、2016年にこの世を去った伝説的ミュージシャンのプリンスの名曲で、歌詞に「あなたの愛する人になりたい」「あなたにとってのオンリーワンになりたい」といった、前のめりな表現が出てくることで知られる王道のラブソング。

過去に撮影された写真。今回と同じリンクかはわからないが、以前にも友人と一緒にローラースケートをしに来たことがある。

 昨年、持病の悪化による体調不良に悩まされ、恋はおろか、仕事をセーブすることも余儀なくされたセレーナ。それが今はすっかり体調も回復し、情熱的なラブソングを聞きたくなるほど、恋愛に気持ちが向き始めているよう。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.