アメリカ在住の女性が、愛犬をトリミングに出したところあらぬ姿で帰ってきた。(フロントロウ編集部)

犬を迎えに行くと全く違う姿に

 犬を飼っている人なら馴染み深いトリミング。通常なら、愛犬がスッキリした姿でサロンから帰ってくれるけれど、アメリカ在住のグラツィエルラの愛犬ローラはそうではなかった。

 その日はカットと爪のケアと歯のクリーニングをサロンに頼んでいたグラツィエルラ。しかし、全てが終わる9時間後、ローラを迎えに行くと思いもよらない姿で登場した。

 なんと頼んでいた歯のクリーニングはされず、ローラはトリマーによって勝手に耳をピンクにされ、眉毛としっぽの先端を緑に染められていたのだ。

画像: twitter.com
twitter.com

 いくら犬用のカラーリング剤であっても、犬にとって負担がかかることは、ドッグサロンで働くトリマーなら承知の上にもかかわらず、担当したトリマーは飼い主の許可も得ず勝手に染めてしまった。

 グラツィエルラは「見た時に泣きそうになった」と明かし、「(ローラの)眉毛がそり落とされていることに気づきました。彼らはそのミスを隠すために眉毛を緑に染めたのだと思う」と、米The Palm Beach Postにコメントしている。

 しかし、ローラに起こった悲劇はこれだけではなかった。

 ローラは、お腹の毛が刈られたことによって感染症を引き起こしてしまい、病院に行くはめに。

 グラツィエルラは約1万6,000円(150ドル)の施術代を返してもらい、次回は無料で施術する申し出をもらったというが、二度と行きたくないと怒り心頭。

 ちなみに当のサロンのオーナーは、ローラの歯のクリーニングについて、ローラが嫌がっていたからしなかったと語り、勝手に染めたことについては「染めたことについては間違っていました。飼い主に先に聞くべきでした」と語っている。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.