ラッパーのポスト・マローンのサードアルバム『ハリウッズ・ブリーディング』のデジタルリリース日が決定。アルバムに先駆けて新曲「サークルズ」が本日配信された。(フロントロウ編集部)

待望の3rdアルバム『ハリウッズ・ブリーディング』

 ヒップホップをベースとしながらジャンルを超越した音楽性で大ブレイクを果たし、2019年の第61回グラミー賞でも4部門にノミネートされたポスト・マローン

 8月上旬にはプライベートで北海道の函館を訪れ地元のお祭りに参加し、住民とナチュラルに交流する姿が報道されるなど、その温かい人柄が日本でも大きな話題となった。

 そんなポスティー(※ポストの愛称)の、約1年半ぶり、3枚目となるニューアルバム『ハリウッズ・ブリーディング』が9月6日にデジタルリリースされることが決定。

画像: アルバム『ハリウッズ・ブリーディング』ジャケット写真

アルバム『ハリウッズ・ブリーディング』ジャケット写真

 8月に米ニューヨークで行われたビールブランド「バドライト(Bud Light)」主催のライブイベントで、9月にニューアルバムを発売することを発表した際には、「めちゃくちゃ頑張って作り上げた1枚だ」と、本人も自信たっぷりの様子。

アルバムに先駆けて新曲「サークルズ」を配信

 そして、ニューアルバム『ハリウッズ・ブリーディング』のリリースに先駆け、前述のライブイベントでひと足先にお披露目された新曲「サークルズ」が本日配信された。

 ポスティーの神髄であるジャンルレス化をさらに推し進め、ポスト・マローン史上最強にポップな新曲は、「コングラチュレイションズ(feat.クウェヴォ)」や「デジャ・ヴュ(feat.ジャスティン・ビーバー)」 を手掛けたフランク・デュークス、7月にリリースし全米初登場3位を記録した「グッバイズ(feat. ヤング・サグ)」をはじめ、「ロックスター(feat.21サヴェージ)」「ベター・ナウ」「サイコ(feat.タイ・ダラー・サイン)」などを手掛けたルイス・ベル、といった盟友たちがプロデュース。

 “ハリウッドは血を流している“という衝撃的なタイトルを冠したニューアルバム『ハリウッズ・ブリーディング』には、7月にリリースされたシングル「グッバイズ(feat.ヤング・サグ)」の他、昨年リリー スされた「サンフラワー」「Wow.」といったヒット曲に加え、本日最新シングルとして同時リリースした「サークルズ」も収録。

 2018年4月リリースの前作『ビアボングス&ベントレーズ』が2019年に入ってもロングセラーを続けており、アルバムは2019年上半期の全米アルバム売上TOP10入りを果たすなど、勢いの止まらないポスト・マローンのニューアルバム『ハリウッズ・ブリーディング』は、夏の終わりを飾る世界的ヒットになりそうな予感。

ポスト・マローン
「サークルズ」
配信中

(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.