ジェームズ・ガン監督によるホラー映画『ブライトバーン/恐怖の拡散者(原題:Brightburn)』が、11月15日(金)より全国公開することが決定。第一弾予告が解禁となった。(フロントロウ編集部)

スーパーパワー×ホラーのジャンルミックス作品

 『ブライトバーン/恐怖の拡散者』の主人公は、他の惑星から地球に墜落した少年ブランドン。子どもを望んでいた人間のカップルに引き取られた少年は特殊能力を備えているが、そのスーパーパワーをヒーローとして人類の役に立てるのではなく、危険な片りんを見せはじめる。

 スーパーマンのストーリーをダークに再現したかのような本作をプロデュースするのは、マーベル・スタジオの大ヒット作『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のジェームズ・ガン監督。スーパーヒーロー映画の大物がホラーに挑戦し、スーパーパワー×ホラーというジャンルミックス作品が誕生した。

『ブライトバーン/恐怖の拡散者』あらすじ
ずっと母になる日を夢見て苦しんできたトリ(エリザベス・バンクス)。ある日、謎めいた男の赤ちゃんが到来し、突然その夢が実現する。聡明で才能にあふれ、好奇心旺盛な子ども・ブランドンは、トリと夫のカイル(デヴィッド・デンマン)にとってかけがえのない存在となる。しかし、12歳になったブランドンの中に強烈な闇が現れ、トリも息子に恐ろしい疑いを抱きはじめる。やがてブランドンは、普通の人が持つことのない異常な力を発揮しはじめ、カンザス州・ブライトバーンをとてつもない恐怖に陥れていった―。

セレブたちが絶賛!「大好き」

 セレブ界にファンが多いガン監督のプロデュース作品とあり、『ブライトバーン/恐怖の拡散者』にはセレブたちも反応している。

画像: セレブたちが絶賛!「大好き」

 ガン監督がインスタグラムに投稿した映画の予告編には、コメディ映画『オースティン・パワーズ』などで知られるセス・グリーンが「大好き」とコメント。

 さらに、クリス・プラットやゾーイ・サルダナといった『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のキャストだけでなく、リース・ウィザースプーンやヴィン・ディーゼルといった人気俳優が映画の写真や映像にいいね!で反応している。

ビリー・アイリッシュが主題歌を担当

 そして主題歌には、全世界で注目されているアーティスト、ビリー・アイリッシュの「bad guy」が決定。

 デビューアルバム『WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WEGO?』が17歳4ヶ月という若さでアメリカ、イギリスをはじめ、11カ国で1位を記録し、本作の主題歌となる「bad guy」は全米シングル・チャートで1位を獲得。これは、2000年以降に生まれたアーティストでは彼女が史上初の快挙となっている。インスタグラムのフォロワーは3,500万人を超え、社会現象を巻き起こす彼女がエンディングを飾り、ミステリアスな歌声が本作の余韻をさらに煽る仕上がりとなっている。

 セレブからの支持も高い映画『ブライトバーン/恐怖の拡散者』は、11月15日(金)より全国公開。本作は米国を拠点に映画の製作・配給を手掛けるThe H Collective, Inc.と合弁による映画製作会社Rakuten Distribution株式会社の設立を発表し、日本での映画配給事業に参入した楽天による配給第一弾で、東宝東和と共同で配給される。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.