キアヌ・リーブスが来日中。大の日本通であるキアヌが出没した「コアすぎる観光地」とは? (フロントロウ編集部)

コアな観光地に出没

 10月4日に公開される主演映画『ジョン・ウィック:パラベラム』のプロモーションのために来日し、9月10日(火)に東京都内で行われるレッドカーペット・イベントに登場する予定の俳優のキアヌ・リーブスが、すでに前乗りして、日本でプライベートを満喫していることが分かった。

 これまでにも何度も日本を訪れ、秋葉原、新宿、浅草といった外国人観光客に人気のスポットでその姿が目撃されてきたキアヌだが、今回、日本通で知られる彼が姿を現したのは、東京からは遠く離れた香川県にある「豊島(てしま)美術館」。

画像: コアな観光地に出没

 「ベネッセアートサイト直島」の一部であり、雄大な自然溢れる敷地内に宇宙船を彷彿とさせる近未来的なアート作品の数々が展示されている同美術館でキアヌに遭遇した一般人旅行者が、少しシワの寄ったグレーのシャツにグレージーンズ、そして頭にはグレーの日除け帽をかぶったキアヌとのツーショットをインスタグラムで公開したことで、キアヌの前乗り来日が発覚。

 この旅行者は、豊島美術館のパンフレットにキアヌからのサインを貰っており、そこには「ハロー!」という陽気な言葉も添えられていた。

 今回の来日中にキアヌがどんな旅を楽しむのか、今後の情報に注目! (フロントロウ編集部)

曜日の記載に誤りがあったため修正しました。

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.