先週9月5日に新曲「シェイムレス」「ライアー」の2曲を同時リリースし、ツイッターで世界トレンド1位を獲得したカミラ・カベロが、「シェイムレス」のMVに続き、「ライアー」のMVを公開した。(フロントロウ編集部)

2人の男性のあいだで揺れ動くカミラ

 「ライアー」のミュージックビデオは、婚約者とのデート中にレストランのウェイターの男性が気になってしまうカミラ・カベロが、婚約者に対して嘘をつこうとしたところ窒息死してしまう夢から始まる。

 その後も似たような夢を何度も繰り返すうちに、ちりばめられていた大量の嘘が暴かれていく様子がユーモアたっぷりに描かれている。

 監督を務めたのは、これまでにカミラのヒット曲「ハバナ feat. ヤング・サグ」のほかテイラー・スウィフト、アリアナ・グランデといった有名アーティストのMVを手掛け、2度のグラミー賞受賞歴を誇るデイヴ・マイヤーズ。

 大富豪でカミラのイケメン婚約者のリース・ケンジングトン役をモデルと俳優業の両方をこなすザック・シュタイナー、そしてカミラが惚れてしまうレストランのウェイター役をオーストラリア出身の俳優キーナン・ロンズデイルが好演している。

 真っ赤なウィッグを被り、テレビで流れているラテン系のゴシップ番組のMC役をコミカルに演じるカミラにも注目してほしい。そしてミュージックビデオ公開直後には、「# LiarMusicVideo」がツイッターの世界トレンド1位に。

 新曲の配信開始後に自身のSNSで生配信を行った時には、楽曲に対する想いをこう語っていたカミラ。

「『ライアー』と『シェイムレス』はどちらもとある人に対する気持ちを長い間否定し続けていた中、会う前は「彼のことなんか好きじゃないわ」と思っていても会うと「やっぱり好き」と思ってしまう、という状況について歌った曲」

 今回公開された「ライアー」は、まさにそういった自分の状況をおもしろおかしく歌っている曲で、先週楽曲配信と同時にミュージックビデオも公開された「シェイムレス」は、「抑制されることなく、大胆で、恥じることなく誰かと恋に落ちている」曲。こちらは、自分がそうありたいから好きな曲だと紹介した。

 現在、Spotify上の月間リスナー数で女性アーティストトップに位置し、エド・シーランやマーク・ロンソンといった大物アーティストとのコラボや、6月にリリースされたショーン・メンデスとのコラボシングル「セニョリータ」では自身2度目となる全米1位を獲得するなど、全世界でヒットを飛ばし続けているカミラ。

 新曲「ライアー」「シェイムレス」の2曲は、今後発売が予定されている待望のセカンド・アルバム『ロマンス』に収録される。 (フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.