クリスマスシーズンの定番ともいえるデコレーションがクリスマスツリー。このツリーを10月から飾り出す人が欧米で増えているという。(フロントロウ編集部)

ハロウィンツリーの人気高まる

 モミの木に飾りをつけてキリストの生誕を祝うクリスマスツリーならぬ、悪霊退治の「ハロウィンツリー」の需要が年々高まっているという。

 欧米ではとくに、仮装した子供たちが「トリック・オア・トリート(※)」をしに近所の家を訪問して歩き回ることから、なかにはクリスマスのデコレーションより張り切ってハロウィンのデコレーションに凝る家庭もある。
※トリック・オア・トリート(Trick or Treat):「お菓子をくれないといたずらするぞ」という意味のフレーズは、ハロウィンの時期に仮装した子供がお菓子をねだる時に使われる。

画像: ハロウィンツリーの人気高まる

 今年も、8月からハロウィンツリーを飾る人がおり、オレンジ×ブラックなどでツリーを飾り、ハロウィン気分を盛り上げている。

 また、簡単に飾れる小さめのハロウィンツリーも人気で、ハロウィンに欠かせないカボチャのジャック・オー・ランタンがてっぺんについたハロウィンツリー型のランプは、すでに一部のオンラインストアでは売り切れになるほど人気だという。

画像: www.michaels.com
www.michaels.com

(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.