シンガー兼俳優のジャスティン・ティンバーレイクが、妻のジェシカ・ビールと共にルイ・ヴィトンの最新コレクションへ。その際、入り口付近でトラブルに巻き込まれていた。(フロントロウ編集部)

ジャスティンが会場前でトラブル

 パリファッションウィークの最終日に行なわれたルイ・ヴィトンの最新コレクションには、アリシア・ヴィキャンデル、クロエ・モレッツ、マーク・ロンソンなど多くの人気セレブが会場に集まっていたため、会場の前には人だかりが。

 熱気に包まれたルイ・ヴィトンの最新コレクションに、ジャスティン・ティンバーレイクとジェシカ・ビール夫妻が到着。会場に到着するといつものように仲良く手を繋いで歩き出そうとしたのだけれど、突然歩いているジャスティンの足を誰かがギュッとつかんだのだ。

画像1: ジャスティンが会場前でトラブル

 これにはセキュリティチームがすぐに動いたものの、辺りは騒然。妻のジェシカも必死にジャスティンの手を引いて助け出そうとするも、足首を掴んでいる犯人がすぐに離れなかったため、少しの間身動きできない状態に。

画像2: ジャスティンが会場前でトラブル

 その後セキュリティチームが無理やりジャスティンの足から犯人を引きはがし、2人は何ごともなかったかのように会場へ入っていった。

画像3: ジャスティンが会場前でトラブル

犯人はセレブを狙った常習犯

 じつは今回ジャスティンの足を掴んでいたのは、セレブへのイタズラ行為を繰り返している、ウクライナ人のお騒がせユーチューバ―兼リポーターのヴィタリ・セディウク。

 過去にはキム・カーダシアンのお尻にキスしようとしたり、ジジ・ハディッドのことを後ろからいきなり抱き上げたりしたことがあるお騒がせ人物。

画像1: 犯人はセレブを狙った常習犯
画像2: 犯人はセレブを狙った常習犯

 ヴィタリはこれまでAリストセレブに何度もセクハラまがいのいたずらをしており、その度にセキュリティに連行されるも懲りる様子はゼロ。今回ヴィタリは久々にセレブにいたずらしているところが目撃された。大事に至らず済んだものの、厄介者は健在だった。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.