Photos: ゲッティイメージズ、スプラッシュ/アフロ
新作映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の予告編の解禁で盛り上がるなか、米ディズニーランドから『スター・ウォーズ』ファンを喜ばせる報せが飛び込んできた。(フロントロウ編集部)

新エリアで起きたメニュー論争

 フロリダ州のウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートを舞台に、10月半ば頃から起きていた「メニュー論争」。

 2019年にオープンした新エリアであるスター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジのレストラン、ドッキング・ベイ7 フード・アンド・カーゴでは、オープン当初からメニューのフード名に『スター・ウォーズ』に関連する名前をつけていた。

画像: ドッキング・ベイ7で食べられる、 オイ=オイパフとバトゥー・ボン。

ドッキング・ベイ7で食べられる、 オイ=オイパフとバトゥー・ボン。

 しかし10月3週目に入ってから、同レストランを訪れた来園者のあいだで、「フライド・エンドリアン・ティップ-イップ」や「ブレイズド・シャク・ロースト」といった商品名が、「フライドチキン」や「ビーフ・ポット・ロースト」といった、『スター・ウォーズ』に関連しない“普通”の名前に変わってしまっているという情報が流れはじめ、フロントロウ編集部がチェックしたところ、レストランの公式ウェブサイト上でこの変更が確認された。

 これを受けてSNS上では、「メニューが読みにくい客が一部いるからって、『スター・ウォーズ』にちなんだ名前を取り下げるなんておかしい」といった、悲しみの声が多く聞かれた。

ディズニーがファンの声に対応

 そんな声が聞かれ始めてから約1週間、ドッキング・ベイ7で動きがあった。

画像: ディズニーがファンの声に対応

 21日月曜日の時点で、ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートの公式ページ内にあるドッキング・ベイ7のメニュー上で、『スター・ウォーズ』にちなんだフード名が復活。

 メニューの名前のような細かなところまでこだわりを見せ、『スター・ウォーズ』の世界観が体験できるところがスター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジの魅力。ネットを中心としたファンの声は運営側にも届いていたようで、ディズニーワールドがスピード対応をしてみせた。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.