さまざまな用途に使える便利なアイテム「メイクブラシ」。化粧を美しく仕上げるのに欠かせないアイテムだけれど、使い方によってはメイクが濃く見えてしまったり、ムラができてしまったり意外と扱いに苦戦している人も多いのでは? メイクのプロが効果的なメイクブラシの持ち方を紹介した。(フロントロウ編集部)
画像: メイクの仕上がりが変わる!プロが教える「メイクブラシ」の持ち方

仕上がりを左右するメイクブラシ

 シンガーのビヨンセをはじめ、モデルのナオミ・キャンベルなど多くのセレブに愛されるカリスマメイクアップアーティストのサー・ジョン・バーネット。

 そのサー・ジョンによると、メイクの塗り方やテクニックはあっても、意外と見落とされがちなのが、「メイクブラシの持ち方」。実はメイクブラシの持ち方は、それ次第でメイクの仕上がりを左右する重要なファクターだという。メイクブラシの効果的な持ち方を紹介した。

その持ち方、実は間違っている?

 米メディアRefinery29のインタビューに答えたサー・ジョンは、「多くの人が真ん中より上、毛先に近い部分を持っている」と指摘。この持ち方は、プロとしてあまりオススメしないという。

画像: その持ち方、実は間違っている?

 たしかに、毛先の近くを持つとブラシのコントロールはしやすいけれど、サー・ジョンいわく、この持ち方は、細かな動きが必要なアイメイクには良いけれど、広範囲に広げるファンデーションやチークだと上手にブレンドできず、その結果、仕上がりにムラが生まれてしまうという。

プロが教えるメイクブラシの持ち方

 その解決策として、サー・ジョンが提言したのが、メイクブラシの真ん中より下を持つ持ち方。メイクブラシの端を持つと考えると、イメージしやすいそう。

画像: プロが教えるメイクブラシの持ち方

 サー・ジョンは、「メイクブラシは、なるべく筆先から離して持つ習慣をつけること。そうすることで余計な力が加わらず、軽いタッチでメイクが美しく仕上がる」とアドバイス。アイメイクでも、アイシャドウなど色を濃く入れたい時以外は、この持ち方にすることをオススメしている。

 持ち方で仕上がりが変わる奥が深いメイクブラシ。プロの持ち方をマスターして、メイクをレベルアップさせてみて。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.