15歳のシンガーソングライターのグレース・ヴァンダーウォールが、6月にリリースした「ユアー・ソー・ビューティフル」に続き、早くも新曲「ウェイスト・マイ・タイム」をリリース。(フロントロウ編集部)

コンビニが舞台のMV

 グレース・ヴァンダーウォールの新曲「ウェイスト・マイ・タイム」が、各音楽配信サイトで一斉配信スタートとなった。

画像: コンビニが舞台のMV

 同時解禁されたミュージックビデオは、コンビニエンスストアが舞台。メランコリックな曲に導かれて、グレースの魅力である、どこかアンニュイで、それでいてキュートな側面が垣間見える映像に仕上がっている。

 「ウェイスト・マイ・タイム」は、「この関係に意味がなくても/この関係に希望がなくても/私は自分の時間を無駄にしたいの/あなたの時間を無駄にしたいの」と、長くつづく関係ではないとわかっていても、時間を無駄にしてでも一緒にいたいと思う刺激的な関係について歌っている。

 グレースは8月10日から、自身の全米ヘッドライン・ツアーがスタート。全米25都市からなるツアーは、ニューヨーク、ロサンゼルス、シカゴなど全米の主要都市をまわり、すでに各会場SOLD OUT続出のプラチナ公演となっている。

 2019年はすでに、「ストレイ」(2月発表)、「ハイドアウェイ」(3月発表)、「ユアー・ソー・ビューティフル」(6月発表)、そして同曲と、4曲もの楽曲を発表しているグレース。2年ぶりとなるニューアルバムの発売も期待される。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.