ブロードウェイの舞台『Betrayal』の公演後にハロウィン仮装をすることを宣言したトム・ヒドルストンが、期待されていたコスチュームを披露!マーベルファンを沸かせる粋な計らいを見せた。(フロントロウ編集部)

マーベルファンを沸かせた仮装

 ブロードウェイの舞台『Betrayal』に出演するトム・ヒドルストン、チャーリー・コックス、ゾウイ・アシュトン、エディ・アーノルドが、ハロウィンに合わせて、公演後に会場外にいるファンに仮装姿で挨拶した。

 ご存知の通り、トム・ヒドルストンといえば、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)映画でロキを熱演。2013年のサンディエゴ・コミコンではロキに扮してステージに登場し、ファンを熱狂させた。

画像1: マーベルファンを沸かせた仮装

 そしてチャーリーは、同じくMCUのNetflixドラマ『デアデビル』で主人公のデアデビルを熱演。このドラマは大人気の最中に配信中止が決定してしまったが、今も20万人以上のファンによってドラマを復活させようとする運動が行なわれている人気作品。

 直接的な関わりはないものの、MCU俳優として活躍したトムとチャーリーは、この日のハロウィンコスチュームに、ロキとデアデビルをチョイス。

画像2: マーベルファンを沸かせた仮装

 しかも、“ロキ役”のトムがデアデビルの仮装を、“デアデビル役”のチャーリーがロキの仮装をして、ファンを楽しませた。

画像: Instagram/TodayTix

Instagram/TodayTix

 また、ほかの共演者はキャプテン・マーベル(ゾウイ)、キャプテン・アメリカ(エディ)のコスチュームを着用して、“ブロードウェイ版”アベンジャーズを結成させた。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.