米ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートにある施設で売られている、「たい焼き」ならぬ「人魚焼き」の見た目がなかなか残酷だと話題に。(フロントロウ編集部)

マーメイドの“下半身”にクリームがぎっしり

 世界最大級のディズニーリゾート「ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート」にあるホテル「ディズニーズ・グランド・フロリディアン・リゾート・アンド・スパ(Disney's Grand Floridian Resort & Spa)」のレストラン「ギャスパリラ・アイランド・グリル(Gasparilla Island Grill)」で売られている、新作ペイストリーのインパクト強めな見た目が話題になっている。

 それがこのたい焼きならぬ「人魚焼き」。

 こちらの「パイナップル・ココナッツ・マーメイド・テイル( Pineapple Coconut Mermaid Tail)」は、ディズニー映画『リトル・マーメイド』に出てくる人魚のアリエルをイメージした商品で、マーメイドの下半身の形をしたペイストリーのなかにクリームがたっぷり入った、日本のたい焼きや菓子パンのコロネをアレンジしたような新感覚スイーツ。

 ネット上では「可愛すぎる!」という声も多く上がっていたが、まるで体が真っ二つに割られてしまったような見た目はなかなか残酷。どちらかといえば、「可愛い」というより「キモ可愛い」という感じ。

 ただし、インパクト大な見た目や色合いに反してお味は絶品で、「パイナップル・ココナッツ・マーメイド・テイル」という名前の通り、なかに入っているのはパイナップル&ココナッツ味のクリームで、尾びれはホワイトチョコレートでできているそう。

 もしフロリダのウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートに行く機会があったら、ぜひ試してはいかが?(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.