男性器だけをモチーフにしている青年のイラストが、そのクオリティで注目を浴びている。(フロントロウ編集部)

男性器イラストレーターのブレンダン

 友達に贈る手紙には、少しのユーモアも入れたい? そんな人々の思いを叶える、あるポストカードが注目を浴びている。

 ブレンダン・ピアースは、オーストラリアで活動するイラストレーター。彼は、たった1つのあるものだけをモチーフに、イラストを描き続けている。

 それは、男性器!

 男性器だけを描くイラストレーターと聞くと、奇抜なものを想像する人も多いかもしれないけれど、ブレンダンの情熱は本物。現在では批評家たちにも高く評価されている彼は、英Ladbibleにこう話した。

「僕が他の人と違ったのは、それをきちんとプロのレベルでやろうとしたことだと思う。自分の好きなものを見つけた時には、腰を据えて取り組まなきゃいけない。僕は、ペニスを描く技術のために数えられないほどの時間を費やしたよ」

 プロのアーティストとして、何年にもわたる努力をしてきたと熱弁するブレンダン。さらに彼は、そのモチーフにともなったチャリティ活動も行なっている。

 顧客からのオーダーを受けて、オリジナルのイラストを制作するSend Your Friend a Penis(友達に男性器を送って)プロジェクトを行なうブレンダンは、その利益の半分は、男性の健康をサポートするチャリティ団体Prostate Cancer Foundationに寄付しているという。

 その他にもブレンダンは、11月を通して口ヒゲを伸ばし、男性特有のがんやメンタルヘルスへの関心を高めようと呼びかけるMovemberとのコラボ商品を発売したことも。

 そんなブレンダンのお気に入りの作品は、映画『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』、『シャイニング』、そしてシンガーのマイリー・サイラスをモチーフにした3枚だという。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.