ユニバーサル・スタジオ・ジャパンにできる、任天堂の新エリア「スーパー・ニンテンドー・ワールド」の建設現場の写真がネットで拡散され、世界中から興奮の声が届いている。同パークのCEOが明かした新情報とは?(フロントロウ編集部)

USJの「スーパー・ニンテンドー・ワールド」

 映画『ハリー・ポッター』シリーズや『ミニオン』シリーズなどの人気映画をモチーフにしたアトラクションが大人気のユニバーサル・スタジオから、世界初となる任天堂のテーマパーク「(スーパー・ニンテンドー・ワールド)SUPER NINTENDO WORLD」が、ここ日本・大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)にオープンする。

画像: www.usj.co.jp
www.usj.co.jp

 2020年の東京オリンピックの開催前のオープンを目指している同エリアは、絶賛建設中。

 任天堂一の人気を誇るキャラクターのマリオが現実世界に飛び出したことと言えば、2016年のリオデジャネイロ五輪の閉会式で世界を沸かせた「安倍マリオ」が記憶に新しいが、来年のオリンピックの頃には、あなたも現実世界で様々な任天堂の人気キャラクターやゲームで遊べるようになる。

 そんな期待の新エリアは、2017年にイメージ動画が公開されて以降、これといった情報は流れてこなかったが、今月はじめに、新エリアで建設中のメインタワーと思われる写真がネット上で拡散。

 まるでゲームの世界から飛び出してきたような、見ているだけで楽しい建物の出現に、ネット上では世界各国から「本当にゲームから飛び出したようだ」「変な気持ちになるくらい現実のものとは思えない」「すごい!」といったコメントが届いている。

 2020年2月から4月ごろのオープンを目指すUSJの「スーパー・ニンテンドー・ワールド」の詳細について、ユニバーサル・パーク&リゾートのトム・ウィリアムズCEOは、9月に行なわれたComcastCorporationのカンファレンスでこんなことを話している。

・2大アトラクションは、『マリオカート』が実際にできる「スーパーマリオ・カート・ライド(Super Mario Kart Ride)」と、マリオシリーズの愛されキャラ、ヨッシーによる「ヨッシーズ・アドベンチャーズ(Yoshi's Adventures)」。

・ゲスト用のマグネット式のリストバンドは既存のゲーム機と接続でき、スコアを貯めて様々なゲームで遊ぶことができる。

 さらにウィリアムズCEOはこのカンファレンスで、マリオのライバルであるクッパや、キノコ王国のピーチ姫のお城などといった、ファンにはお馴染みのキャラクターやロケーションを話に出していたといい、ますます期待が広がっている。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.