ドラマ『ブレイキング・バッド』の真似をして違法薬物を製造した米大学教授2名が逮捕された。(フロントロウ編集部)

“ハイゼンベルク”と呼ばれた化学の准教授

 米アーカンソー州にあるヘンダーソン大学で化学の准教授をしている男性2名が、違法薬物のメタンフェタミンを製造していたとして逮捕、起訴された。

 米Deadlineによると、逮捕されたのはブラッドリー・アレン・ローランドと、テリー・ベイトマンという2名の准教授。2人とも大学では化学を専門に教える立場だった。

画像: ※画像はイメージです

※画像はイメージです

 2人は、大ヒットドラマ『ブレイキング・バッド』で、主人公の化学教師ウォルター・ホワイトが「ハイゼンベルク」という偽名を使って違法薬物の“メタンフェタミン”(通称“メス”)を作成していたことを模倣し、大学内で同薬物を合成した疑いがかけられている。

 大学関係者が違法薬物の合成に気が付いたのは10月の初め頃。構内の化学研究所から異常すぎるにおいがしていたため、大学はそこを閉鎖しにおいの原因を調査したところ、容疑者2名が、メタンフェタミン合成用の化学薬品と、麻薬関連器具の使用をしていたことが明らかになった。

 ブラッドリーは以前大学の学校新聞に、ドラマ『ブレイキング・バッド』のおかげで生徒が化学に興味を持つようになってくれたので大好きだと語っていたため、学校内では「ハイゼンベルク」と呼ばれていた。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.