DCコミックスで人気のヴィラン、ハーレイ・クインを主人公にした映画『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 Birds of Prey』で主演を務めるマーゴット・ロビーが、ハーレイ・クインの人物像について語った。(フロントロウ編集部)

ハーレイの初単独映画に注目高まる

 マーゴット・ロビーがDCコミックスの大人気ヴィラン、ハーレイ・クインを演じる映画『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 Birds of Prey』が、2020年3月20日に日本全国ロードショーとなる。

 悪役キャラのハーレイ・クインは、『バットマン』に登場するジョーカーのパートナーとして描かれることが多いけれど、映画『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 Birds of Prey』は、ジョーカーと破局後の彼女自身にスポットライトを当てた作品になる。

画像1: ©CLUBHOUSE PICTURES (II)/DC ENTERTAINMENT / Album/Newscom

©CLUBHOUSE PICTURES (II)/DC ENTERTAINMENT / Album/Newscom

 マーゴットは米Varityで本作に対し、「『Birds of Prey』は、ハーレイの視点で語られているから、これまでもこれからも見ることのできない彼女の側面が見られるはず」とコメント。

 さらに、「ハーレイはちょっと普通じゃないけれど、それは彼女の性格を反映しているし、誇張されてもいる。それはアホっぽくて、楽しくて、暴力的で、ばかばかしくて、楽観的。けれども、(見ていて)胸が締め付けられるような思いがする」と、ハーレイ・クインの持つ複雑な魅力について語った。

 そんなハーレイ・クインは『Birds of Prey』の予告冒頭で、「ハーレイ・クインの役割は“仕える”こと」と語っている。ジョーカーを深く愛しているハーレイだからこその発言かもしれないけれど、予告ではそんな「仕える人を失った状態」のハーレイを利用して、ユアン・マクレガー演じるブラックマスクが彼女を“所有”しようと躍起になる姿も。

 『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 Birds of Prey』で、他者に翻弄されながら生きるハーレイの「覚醒」がどう描かれていくのか注目が高まっている。

画像2: ©CLUBHOUSE PICTURES (II)/DC ENTERTAINMENT / Album/Newscom

©CLUBHOUSE PICTURES (II)/DC ENTERTAINMENT / Album/Newscom

 ちなみにユアンは仏Premireに、『Birdsof Prey』は日常に潜む女性差別をさりげなく取り入れることで、男性が気付かないうちに口にしているマンスプレイニング(※)に気づかせてくれると語っており、この映画が単なる「ハーレイ・クイン」という一人の女性の話にとどまらない問題も提起していることを示唆している。

※男性が、「女性は自分より知らない・わかっていない」という前提で、女性を見下したり偉そうな感じで何かを解説したりすること。

 そんな期待の映画『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 Birds of Prey』は、2020年3月20日に日本公開。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.