Photo::©2019 Twentieth Century Fox Film Corporation &TSG Entertainment Finance LLC
マーベル映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』のタイカ・ワイティティ監督最新作、『ジョジョ・ラビット』の日本版予告が公開された。(フロントロウ編集部)

ワイティティ監督自らヒトラー役に

 アカデミー賞に最も近いとも言われる、第44回トロント国際映画祭の最高賞<観客賞>を受賞した映画『ジョジョ・ラビット』が、2020年1月17日に日本ロードショーとなる。本作は、タイカ・ワイティティ監督が自らヒトラー役として参加したことでも話題。

 そんな『ジョジョ・ラビット』から、日本版に最新予告映像が公開された。

【あらすじ】
第二次世界大戦下のドイツで青少年集団「ヒトラーユーゲント」に入団した10歳のジョジョ(ローマン・グリフィン・デイビス)は、立派な兵士になることを夢見る男の子。憧れであり強敵でもある陽気な教官クレンツェンドルフ大尉(サム・ロックウェル)や、唯一の“実在の友だち”ヨーキー(アーチー・イェーツ)と共に日々を過ごし、“空想上の友だち”アドルフ・ヒトラー(タイカ・ワイティティ)に小さな背中を押されながらも奮闘する毎日。
そんなある日、家の壁の裏に、ユダヤ人の美少女エルサ(トーマシン・マッケンジー)を見つけて大仰天!“ユダヤ人はわるい”と教えられてきたのに、大好きな母親ロージー(スカーレット・ヨハンソン)がかくまっていたエルサは聡明で勇敢、そしてユーモアにも溢れていて、同じ屋根の下で過ごし言葉を交わすうちに、それまで信じていた景色が揺らぎ世界が大きく動き始める…!

 過酷な大戦下にありながらもジョジョの周りはたくさんの人々の愛情でいっぱい。ひとクセもふたクセもある、生き生きとした愉快な仲間たちに囲まれながら、生まれた世の運命と対峙するジョジョは、一体何を見て、何を感じるのか。

 本年度のアカデミー賞有力との呼び声も高い感動のエンターテインメントを創り上げたワイティティ監督は、本作について「憎悪と偏見についての直球の映画にしたくはなかった。だから、脚本には全く自制をかけなかった。言うべきことを言うには、ひるまずに決死の覚悟で書かなくてはいけない。危険が無いものなら、私がやる価値も無い。大コケするかもしれないリスクを背負って必死になれば、最高に創造的で先進的な表現が出てくるからね」と語っている。

画像: ©2019 Twentieth Century Fox Film Corporation &TSG Entertainment Finance LLC

©2019 Twentieth Century Fox Film Corporation &TSG Entertainment Finance LLC

 アカデミー賞受賞俳優をはじめハリウッドのトップスター陣や映画初出演の瑞々しい新星たちを一手に率いた映画『ジョジョ・ラビット』は、2020年1月17日より日本全国で公開。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.