人気ファッションブランドのH&Mが新しい試みへ。環境に配慮したそのサービスとは?(フロントロウ編集部)

H&Mの新サービスとは?

 スウェーデン発で、日本にも多くの店舗を構える人気ブランドH&Mが、レンタルサービスを開始する。

画像1: H&Mの新サービスとは?

 アイテム1点あたりのお値段は約4,000円(350スウェーデン・クローナ)。1週間にわたって服を借りることができ、店舗ではH&Mのスタイリストにコーディネートの相談をすることも可能となる。

 今のところ同サービスを体験できるのは、ストックホルムにある旗艦店のみ。3ヶ月後にレンタルサービスの効果を検証し、さらに拡大するかを検討するという。

 近年ファッション業界では、売れ残った商品の廃棄や環境汚染を巡り批判が相次いでおり、ブランドのバナナ・リパブリックやUrban Outfittersなどがすでにレンタルサービスを導入。未来の環境を守るために、サステナビリティに対する意識の高まりを見せている。

画像2: H&Mの新サービスとは?

 今回レンタルサービスを導入したH&Mは、これまでもショッピングバッグを紙製にして、有料化するなど、環境問題の改善に取り組んでいる。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.