トップモデルのケンダル・ジェンナーらが人目を気にせずビーチでリラックスするために施した“パパラッチ対策”が裏目に出てしまった。(フロントロウ編集部)

パパラッチ対策のつもりが…

 トップモデルのケンダル・ジェンナーベラ・ハディッドをはじめ、ジョアン・スモールズ、ケンダルの姉コートニー・カーダシアン、ケンダルの“恋人最有力候補”であるファイ・カドラといった、ケンダルの親しい友人が米フロリダ州マイアミに集合。

画像1: パパラッチ対策のつもりが…

 ディオール(Dior)のプレフォールコレクションやアートバーゼルなどのイベントが立て続けに行なわれ、いつも以上に盛り上がりを見せるマイアミで、ケンダルたちはビーチでつかの間のひと時を満喫

この投稿をInstagramで見る

friendssss

Kendall(@kendalljenner)がシェアした投稿 -

 一方で、マイアミに集まったセレブたちの写真を撮影しようと、パパラッチもここぞとばかりに集結したため、ケンダルたちはビーチでくつろぐ際に、あるアイテムを使って“パパラッチ対策”を試みた。

 自分たちのビーチチェアの周りをプライベートな空間にするため、一行は大量のビーチパラソルを置き、視界をバリケード。…したつもりが、置き方が雑なのか内部が丸見え。むしろ注目を集めてしまった。

画像2: パパラッチ対策のつもりが…
画像3: パパラッチ対策のつもりが…
画像4: パパラッチ対策のつもりが…
画像5: パパラッチ対策のつもりが…

 外から見ると、まるで大規模なキャンプをしているようにも見えるほどの存在感。

画像6: パパラッチ対策のつもりが…

 人を寄せつけないようにしたつもりが、逆に野次馬に覗かれるという本末転倒な結果になったが、意外にも本人たちはまったく気にせず、バケーションを楽しんだよう。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.