映画『ハリー・ポッター』シリーズや『美女と野獣』でお馴染みのエマ・ワトソンが、『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(Little Women)』の撮影時の様子を振り返った。(フロンントロウ編集部)

エマが撮影を乗り越えられたのは「カイロ」のお陰!?

 全米で2019年12月25日に公開される映画『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(Little Women)』は、南北戦争が影を落とす時代ながら、まっすぐに生きようとする4姉妹の成長や家族の絆を描いた作品。

画像: エマ・ワトソン、「日本発祥のあるもの」が『若草物語』撮影では手放せなかった

 キャストはかなり豪華で、『プラダを着た悪魔』のメリル・ストリープや『美女と野獣』のエマ・ワトソン、『レディ・バード』のシアーシャ・ローナンといった女優から、ドラマ『シャープ・オブジェクト KIZU-傷-:連続少女猟奇殺人事件』のエリザ・スカンレン、映画『ブラック・ウィドウ』のフローレンス・ピュー、『君の名前で僕を呼んで』のティモシー・シャラメなどの若手俳優が揃う。

 そんな『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』の撮影でエマは、日本発祥のものに助けられたということを自身のインスタグラムで語った。その正体がこちら。

 エマの手を見てみると、両手には手に持つタイプのカイロが。じつは海外セレブの撮影では、時々カイロを持っている姿が見られ、とくに真冬に夏の格好で撮影を行なうモデルたちには必需品。エマはカイロを握った写真に「実際に手にはカイロを持っているの。なぜなら11月のビーチが寒かったから。それと同時にドレスの下には前と後ろに(カイロを)貼りつけていたと思う」と、コメントしてカイロに助けてもらったことを明かした。

 エマが日本発祥のカイロを持って撮影を乗り切った映画『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』は、12月25日に全米で公開され、日本では2020年3月に公開される予定となっている。(フロンントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.