映画『ワイルド・スピード』のヴィン・ディーゼルが、話題の“バナナ”を使ったセクシー写真を公開した。(フロントロウ編集部)

超高値がついたバナナを使って…

 大ヒットシリーズ映画『ワイルド・スピード』のメインキャストであるヴィン・ディーゼルが、先日マイアミビーチで行なわれたアート・バーゼルで展示された、ダクトテープで貼られたバナナの作品をネタにした写真を自身のインスタグラムに投稿した。

 「コメディアン」と名づけられたバナナの作品は、その独創性から1千万円以上の価値がついたものの、出展中に他のアーティストによって食べられてしまうという珍騒動が起きたことで、ネット上で大きな注目を浴びた。

 この作品を真似て多くの企業や著名人が、様々な場所やモノにダクトテープを貼る画像をSNSに公開していることから、ヴィンも「コメディアン」を再現。

 ダクトテープのバナナを白地のタオルに貼ると、全裸のヴィンはそのタオルを下半身に。おそらくヴィンの一物があるだろう絶妙なところにバナナの位置を持っていき、堂々とそれを見せつけた。

この投稿をInstagramで見る

Haha... @michaelmuller7 #ArtBasel #dadbod

Vin Diesel(@vindiesel)がシェアした投稿 -

 ヴィンはこの写真に「ハハ…」というコメントと「おじさんボディ」というハッシュタグもつけて流行りに便乗した。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.