2015年に公開された『スター・ウォーズ』シリーズ7作品目の映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』に登場したミレニアム・ファルコンには、『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』からのつながりを感じさせるものが残されている。(フロントロウ編集部)

おなじみの仲間が続々登場!フォースの覚醒

 2019年12月20日に公開される映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』は、現在続いている“スカイウォーカー・サーガ”を締めくくるシリーズ9作品目の作品。これは、マーク・ハミル演じるルーク・スカイウォーカーをはじめとする“スカイウォーカー家”の物語。

画像1: ©LUCASFILM/20TH CENTURY FOX / Album/Newscom

©LUCASFILM/20TH CENTURY FOX / Album/Newscom

 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』は2015年に公開された7作目で、『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』からは約10年ぶりの新作となった。

 監督は映画『スター・トレック』も制作したJ.J.エイブラムス。主人公はデイジー・リドリー演じる“レイ”という少女になり、これまでの物語とは一味違いながらも伝統を受け継いだ展開に。

 そんな『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』には、シリーズおなじみの仲間ハン・ソロやレイア姫、C-3POなども登場。なかでも、ハン・ソロの愛機“ミレニアム・ファルコン”の再登場にはファンも大歓喜。

画像: ©LUCAS FILMS/BAD ROBOT/WALT DISNEY PRODUCTIONS / Album/Newscom

©LUCAS FILMS/BAD ROBOT/WALT DISNEY PRODUCTIONS / Album/Newscom

 廃品置き場に置き去りにされていたミレニアム・ファルコンはボロボロだったけれども、何とか動く状態。

ボロボロのミレニアム・ファルコンに残されていたものは?

 そんなミレニアム・ファルコンのなかで、ジョン・ボイエガ演じる元ストーム・トルーパーの脱走兵、フィンが見つけたのが、ホログラムでできたモンスターのゲーム。

 元からのファンにはおなじみのこれは「デジャリック・ホロ・チェス・セット」という名前のゲーム。

画像2: ©LUCASFILM/20TH CENTURY FOX / Album/Newscom

©LUCASFILM/20TH CENTURY FOX / Album/Newscom

 『新たなる希望』では、モス・アイズリーを出発した船内で、チューバッカとR2-D2がバンをはさんで対局しているもの。その時にハン・ソロが言った「ウーキー族は負けると相手の腕を引きちぎることがある」というセリフは、もはや名言。

 実はフィンが見つけた場面は、チューバッカとR2-D2の対局を完全再現したもの!

ホロ・チェスの再現はもはや執念

 米Wiredによると、たった3ショットしかないこのシーンに費やされた時間はなんと丸1年。1977年に公開された映画の1場面を完全再現したのは、特撮界のレジェンド、フィル・ティペットとジョン・バーグ。

 CGが主流の現代においてミニチュア模型を作ってコマ撮り(ストップモーション)でつくったというから驚き。

 ちなみに、コマ撮りでやりたいと言い出したのは、監督のエイブラムスだったという。

 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』には、そんな“スター・ウォーズ愛”が詰まっている。

 シリーズ最新作にして最終作の映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』は2019年12月20日に公開される。(フロントロウ編集部) 

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.