12月8日~12月19日まで来日公演を行なっているアメリカの人気ロックバンド、KISSの最後の東京ドーム公演の模様をお届け。(フロンントロウ編集部)

圧巻のKISSの東京ドーム公演

 2019年1月31日にカナダのバンクーバーで行なわれた公演を皮切りに、最後のワールドツアーであるエンド・オブ・ザ・ロード・ワールドツアー(End Of The Road World Tour)を周っているKISS。12月8日からゼビパリーナ仙台、東京ドーム、盛岡タカヤアリーナ、京セラドーム大阪、ドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)と全5都市でパフォーマンスを行なっているKISSの東京ドーム公演の様子をレポート。

画像1: 圧巻のKISSの東京ドーム公演

 海外アーティストでは珍しく、定刻の19時ピッタリに始まったKISSの公演は、最初からファンを煽るように「You want the best. You got the best. The hottest band in the World.KISS!」というお馴染みのフレーズで幕開け。炎や火花が飛び散るステージの上から乗り物に乗ってメンバーたちが降りてくるというインパクト大な演出でスタート。「デトロイト・ロック・シティ」「シャウト・イット・アウト・ラウド」と最初からファンがKISSのメンバーと一緒に歌い、東京ドームは大盛り上がり。

画像2: 圧巻のKISSの東京ドーム公演

 3曲目の「デュース」では、バンドの昔の映像がステージのスクリーンに流され、ステージ上のメンバーたちが当時の映像とシンクロするような粋な演出も。ポール・スタンレーは、「初めてニッポンで演奏したことを覚えている。1977年の武道館でのことだ。みんなで一緒に歌ったことがどれだけ素晴らしかったか忘れることが出来ない」と語り、「セイ・イエス」へと続き、「アイ・ラブ・イット・ラウド」の前には、KISSのメンバーが客席を煽り、ドームを左右に分けて声出し対決という日本のファンを熟知した大御所ならではの行動も。

画像3: 圧巻のKISSの東京ドーム公演

 その後もヒット曲のオンパレードが続き公演のいたるところに、メンバーそれぞれのソロパートが。とくに、エリック・シンガーは、他のメンバーたちが後ろに下がっている間、数分間に及ぶドラムソロを披露。パフォーマンスはもちろん、ファンを煽ることを忘れることはなく、最後の東京ドーム公演に駆けつけたファンに対する意気込みには思わず脱帽。

 後半には、日本ならではの演出も。ポールは「少し話してもいいかい?」と切り出すと、「僕がまだ小さかった頃、この曲を聴いたんだ。その歌は何について歌っているかわからなかったけれど、とても美しい歌だった」と語ると、海外では「Sukiyaki(スキヤキ)」として知られる日本を代表する坂本九の「上を向いて歩こう」を披露。これには日本のファンも大きな声で歌い、会場にさらなる一体感を持たせた。

画像4: 圧巻のKISSの東京ドーム公演

 その後ポールは、客席中央に設置された簡易ステージに客席の頭上を通って移動。後方のファンまで気遣いを忘れないところはさすが。

アンコールではYOSHIKIが登場

 そしてアンコールでは、開演前からウワサされていたX JAPANのYOSHIKIが登場。ポールは「これが東京での最後のショーだ。友人であり僕たちが日本で知っている最大のロックスターを連れて来られたのは光栄です。みんな何について話してるかわかってる?」と会場に問いかけると、「YOSHIKI」と、バックステージからYOSHIKIを呼んだ。

画像1: アンコールではYOSHIKIが登場

 YOSHIKIは「ベス」で、エリックの横でピアノを弾きながら会場を酔わせたが、これだけではなくアンコールの最後の曲「ロック・アンド・ロール・オール・ナイト」ではエリックの横でドラムを披露するというサプライズが。

画像2: アンコールではYOSHIKIが登場
画像3: アンコールではYOSHIKIが登場

 「ロック・アンド・ロール・オール・ナイト」では、最後の曲ということもあり会場中が大盛り上がりで紅白の紙吹雪に加え、アリーナにKISSのマークがデザインされた白と黒の風船が投入され圧巻の光景が。最後にはポールがギターにキスをしたと思いきや、そのギターを地面に叩きつけて壊すというパフォーマンスも行なわれ、この曲が終わった瞬間に暗転し、最後までファンの気持ちを掴んだままライブは終了した。

 ジーン・シモンズの代名詞とも言える「ワー・マシーン」での火吹き、「ゴッド・オブ・サンダー」での吐血パフォーマンス、エリックのドラムプレイ、ポールの歌声や煽り、トミー・セイヤーの献身的なプレイ、すべてが日本のファンの心を揺さぶった今回の来日公演。

 2021年7月にニューヨークで行なわれる公演を持ってKISS最後のワールドツアー、エンド・オブ・ザ・ロード・ワールドツアーは幕を閉じる。(フロンントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.