アマゾンプライム・ビデオによる『ロード・オブ・ザ・リング』のドラマ版で、エキストラを募集中。しかしそこには、顔立ちに対して条件が…。(フロントロウ編集部)

ドラマエキストラ「外見の条件」が難題

 映画『ロード・オブ・ザ・リング』3部作の大ヒット後、2017年に米Amazonが約275億円でテレビ放映権を獲得し、制作が進められているアマゾンプライム・ビデオ版『ロード・オブ・ザ・リング』。

 人口500万人に満たないニュージーランドで撮影されると見られるドラマ版では、現在エキストラが募集されている。

 エキストラとは言っても、日給約2万円で食事つきというなかなかの待遇なうえ、あの『ロード・オブ・ザ・リング』に出演できるともなれば応募は殺到? しかし、多くの人を阻むその応募条件に注目が集まっている。

画像1: ⒸNEW LINE CINEMA/THE SAUL ZAENTZ COMPANY/WINGNUT FILMS / Album/Newscom

ⒸNEW LINE CINEMA/THE SAUL ZAENTZ COMPANY/WINGNUT FILMS / Album/Newscom

 その1つ目は、身長が152cm以下か198cm以上であること。

 このかなり大幅な身長制限の時点で応募できない人のほうが多いと考えられるけれど、『ロード・オブ・ザ・リング』ドラマ版のキャスティングを担当するエージェントは、さらにこんな希望をFcaebookに書き記した。

「毛 毛 毛。赤毛か白髪だったり、顔にそばかすがいっぱいある人」

 ダークヘアー、ブロンドヘアー、ブラックヘアーの人を完全に切り捨てる条件を掲げたエージェントは、その他にも、顔にシワがたくさんあったり、鼻のカタチが“素晴らしい”ものだったり、“特徴的な顔立ち”であると良いともしている。

 今回エージェントが募っているのは、『ロード・オブ・ザ・リング』のオークやゴブリン役のエキストラ。

画像2: ⒸNEW LINE CINEMA/THE SAUL ZAENTZ COMPANY/WINGNUT FILMS / Album/Newscom

ⒸNEW LINE CINEMA/THE SAUL ZAENTZ COMPANY/WINGNUT FILMS / Album/Newscom

 その外見のために、変えられない身長制限があるのは仕方ないけれど、顔にはいずれにせよ特殊メイクを施すはず。自分の顔立ちが少しでもエージェントの希望を満たしていると思う『ロード・オブ・ザ・リング』ファンは、応募してみる価値あり?(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.