米フロリダ州オーランドにあるウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートで、ほかのゲストの目の前で女性客が飛び降り自殺を図ったことがわかった。(フロントロウ編集部)

夢の国で“夢を壊す”事件が発生

 先日、アメリカのフロリダ州オーランドに広大な敷地を構える世界最大級のディズニーリゾート「ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート」にあるマジック・キングダムで、園内の湖を運航するフェリーから女性客が飛び降り自殺を図るという、ほかのゲストの夢を壊すような出来事が起きた。事件が発生したのはマジック・キングダムにある湖「セブン・シーズ・ラグーン」で、米New York Postによると、当時、フェリーには100名近い乗客が乗っていたそう。

画像: 夢の国で“夢を壊す”事件が発生

 幸い、女性はディズニーの職員によって救出され、一命を取り留めた。目撃者の話では、救助の際、女性は職員が差し出した救命用の浮き輪やロープの使用を拒むなど、ひどく取り乱した様子だったという。また、女性が乗っていたフェリーに乗船していた2、3名のゲストが、女性を助けるために湖に飛び込み、救助活動に加わったことがわかっている。

 マジック・キングダムは、世界で唯一「ディズニーランド」という名称がつけられていないディズニーランドとして知られ、ディズニー・ワールドのなかでも人気が高いエリアのひとつ。女性がフェリーから飛び降りる瞬間を多くのゲストが目撃していたこともあり、現場はかなりカオスな状況だったことを、その場に居合わせた複数の人たちが証言している。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.