シンガーのセレーナ・ゴメスと、元恋人のジャスティン・ビーバーの妻でモデルのヘイリー・ビーバーが同じレストレランに居合わせたことがきっかけで、思わぬ騒動が巻き起こっている。(フロントロウ編集部)

批判を浴びる“共通の友人”をセレーナが擁護

 1月10日に待望のニューアルバム『レア(Rare)』をリリースしたシンガーのセレーナ・ゴメスと、彼女の元恋人で同じくシンガーのジャスティン・ビーバーの妻ヘイリー・ビーバーが、偶然、同じ時間に同じレストランに居合わせたことがきっかけで、この時、ヘイリーと一緒だったシンガーのマディソン・ビアーが思わぬとばっちりを食らってしまった。

 つい先日、新アルバム『レア』発売のお祝いを兼ねて、ロサンゼルス市内にあるセレブ御用達の人気レストラン「Craig's(クレッグス)」で、親しい友人らを招いて食事会を開いたセレーナ。じつはそれと同日&同時刻に、別のテーブルでヘイリーとマディソンが複数の友人と一緒に食事をしていたことが明らかに。 

画像: ヘイリー・ビーバー(左)とマディソン・ビアー(右)。

ヘイリー・ビーバー(左)とマディソン・ビアー(右)。

 結局、“ニアミス”しただけで、セレーナとヘイリーが接触することはなかったようだが、その後、何者かによって、「マディソンはセレーナに挨拶もしなかった」「(マディソンとヘイリーは)セレーナに聞こえるように大声でジャスティンの話をしたり、店内にセレーナの楽曲が流れると『ビーバー!』と叫んだりして、セレーナのことを挑発していた」という情報がネットに拡散されたことで、事態は思わぬ方向へ…。

 もちろんこの話は、悪意ある第三者が作ったまったくのデタラメだったのだが、マディソンはセレーナの古い友人でもあることから、彼女のもとに脅迫まがいのコメントが殺到。しびれを切らしたマディソンがインスタグラムを更新し、「ウワサが1人歩きして手がつけられない状態になってる。私はただ10年来の友人であるヘイリーとディナーをしただけ。たったそれだけよ。それが犯罪だとでもいうの?セレーナのことを愛してる。これからもずっと。(もちろんみんな知ってると思うけど。)彼女のことを傷つけようとしたことは一度たりともない。今起きていることは悪意に満ちあふれていて、不必要なことだと思う。だって何も起きてないんだから。あの場所にいたのは偶然なのに、何の理由もなく攻撃されている…」と訴えるも、むしろ逆効果で、火に油を注ぐことになってしまった。

 そんななか、騒動を知ったセレーナが、マディソンのことを擁護するコメントをインスタグラムに投稿。「ここに書いてあるコメントを読んでいるとヘドが出そう。(2人が同じレストランにいたのは偶然で)別にわざとやったわけじゃないわ。みんなが誰かに対してこんなヒドイ言葉を浴びせていることに幻滅した。マディソンのことは彼女がまだ赤ちゃんだった頃から知っているし、これまで彼女の成長をずっと見守ってきた。私たちのあいだにはなんの問題もないわ」と、暴走する一部のファンに厳しい言葉を浴びせた。

画像: 批判を浴びる“共通の友人”をセレーナが擁護

 ちなみに、一時は終わりが見えないほどヒートアップしていた今回の騒動だが、セレーナが介入したおかげで事態は収束へと向かっている。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.