ラッパーのカーディ・Bがファンの度肝を抜く超過激ファッションでパリに降臨。(フロントロウ編集部)

シースルーの全身タイツで攻める

 2019年のグラミー賞で女性アーティストとして史上初めて「最優秀ラップ・アルバム賞」を受賞したラッパーのカーディ・Bが、現在、メンズ・ファッション・ウイークが開催されているフランス・パリで超過激ファッションを披露してファンの度肝を抜いた。

 この日、目元の部分だけあいているフェイスマスクに、地面につきそうなほど長いファーのロングコートを羽織ったフル装備でカメラの前に現れたカーディ。

画像1: シースルーの全身タイツで攻める

 上の写真だけ見るとそこまで“過激さ”は感じられないが、じつはカーディがこのファーコートの下に着ていたのはシースルーの全身タイツ。一応、中に黒のブラトップとショーツを着て肝心な部分は隠していたものの、それ以外は全部丸見え。カーディ史上最も大胆な服装で注目を一身に集めた。

画像2: シースルーの全身タイツで攻める

 ちなみに、今回、カーディがパリに来た目的は、ヒップホップグループ「ミーゴス」のメンバーで同じくラッパーの夫オフセットと、ファッションブランドのLaundered Works Corp(ローンダード・ワークス・コープ)がコラボレーションしたコレクションのショーを見るため。

画像3: シースルーの全身タイツで攻める

 その後、ショーが大成功に終わったオフセットに対し、カーディはツイッターで「彼のことをとっても誇りに思う。今日は私の“口の中”でお祝いね」と、これまた彼女らしいどギツイ下ネタを織り交ぜたメッセージで夫を労った。

スケスケ服でアフターパーティーへ

 ショーのアフターパーティーも全身タイツのまま出席したカーディ。ファーコートを着てばっちり防寒するオフセットととは対照的に、全身タイツの上には何も羽織らず、裸同然の格好で会場の中へと消えていった。

画像1: スケスケ服でアフターパーティーへ
画像2: スケスケ服でアフターパーティーへ
画像3: スケスケ服でアフターパーティーへ

 言うまでもなく、前から見ても、うしろから見てもスケスケ…。なのになぜか顔だけはフェイスマスクで頑なに隠し続けていた。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.