シンガーのジャスティン・ビーバーが不評だった“あの部分”の毛を処理してプチイメチェン!(フロントロウ編集部)

妻ヘイリーのために泣く泣く処理

 2月14日に待望のニューアルバム『チェンジズ(Changes)』をリリースしたシンガーのジャスティン・ビーバーが、周りから不評だったヒゲを剃ったことがわかった。

つい最近まで剃る意志はないと言っていたが…。

 ここ数年、ヒゲを伸ばしては剃ってを繰り返しているジャスティンが、“ヒゲ反対派”の妻でモデルのヘイリー・ビーバー(旧姓ヘイリー・ボールドウィン)の意向に沿って再びヒゲとおさらばすることを決意。インスタグラムのストーリーにヒゲを剃る様子を収めた動画をアップして、ファンにもそのことを報告した。

画像: 妻ヘイリーのために泣く泣く処理

 ヒゲを剃ってツルツルのベビーフェイスになったジャスティンの現在の姿がコチラ。

この投稿をInstagramで見る

I shaved. MUSTASHIO went on holiday, but he will be back in due time

Justin Bieber(@justinbieber)がシェアした投稿 -

 当然、ヒゲを伸ばすことに反対だった妻のヘイリーは「やったー!」と大喜びの様子だったが、ジャスティンはまだあきらめていないようで「そのうちもとに戻す」と宣言。じつは以前にもヘイリーからヒゲを剃るように要求されて、泣く泣くヒゲを処理したことがあるジャスティン。ヒゲをめぐる夫婦の攻防は今後もしばらく続きそう。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.