アッシュカラーに飽きてきた人必見。オシャレなセレブを筆頭に、海外ではいまナチュラルな「キャラメルベージュ」の人気が急上昇。LAを拠点に活躍するカラーリストが、今っぽい取り入れ方をご紹介。(フロントロウ編集部)

原点回帰!キャラメルベージュ

 ここ数年はアッシュカラーやパステルカラーなど、個性的な色合いのヘアカラーが注目を集めていたけれど、2020年は原点に立ちかえったベーシックな「キャラメルベージュ」がトレンドにカムバック!

 とくにトレンドに敏感な人気モデルや有名セレブたちが次々と髪色を「キャラメルベージュ」に変えたことで、ますます人気が高まっている。 

キャラメルベージュってどんな色?

 キャラメルベージュとは、こっくりした赤みのあるミディアムブラウンのこと。ロサンゼルスを拠点に活躍するカラーリストのタビタ・ドゥエニャスは、「今年のヘアカラーは暖かみのあるブラウンが理想的」と話し、今後さらに人気が出ると予想。

 さらに今年っぽいトレンド感を出すためには「ワンカラーというよりは、バレイヤージュやソンブレなどグラデーションにして取り入れるのがオススメ」と話し、地毛っぽいナチュラル感を出すのがポイントだと米メディアRefinery29で明かした。

キャラメルベージュの魅力

 そんなキャラメルベージュの魅力は、明るくても、暗くても両方楽しめるところ。ブリーチやハイライトを加えた明るめのトーンにすれば、全体的にふんわりとした柔らかい印象を与え、一方で暗めのキャラメルベージュにすれば、自然なツヤと透明感を出すことができるとタビタは言う。

 また、嬉しいことにキャラメルベージュは“色落ち”も楽しめるヘアカラー。タビタは「とくにグラデーションなら2,3か月はメンテナンスしなくてもいいし、色落ちも自然だから長く楽しめるヘアカラーね」と勧めている。

 仕事や学校の関係で染めることが難しい人は、カイリー・ジェンナーのように、ウィッグやエクステを使って期間限定で楽しんでもいいかも。

 新しいヘアカラーにチャレンジしたくなる春の季節。どれにしようか迷ったら、旬のキャラメルベージュを試してみて。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.